2007年06月30日

動物保護指導センター

皆さんこんにちはぴかぴか(新しい)週末の土曜日いかがお過ごしですかexclamation&question
みぞは朝から大忙しでしたふらふら起きてから3わんずのお散歩行って、ごはんエサ食べさせて、お庭の雑草取りをして、ごんあずのシャンプーをして、みぞがごはんレストランを食べて、やっと今PCに向かっています。疲れましたが今日も張り切って更新ですわーい(嬉しい顔)

今日は、昨日出掛けてきた事を書きたいと思います。
昨日は、みぞ達ボランティアが行く 「動物保護センター」 へ行ってきました。この日がくると、いつも前日から気分が沈みます。でも、行かなくては守れない命があるので、気合いを入れて行ってきました。

子犬が沢山収容されたと聞いていたので、もう1人のボラさんと保護要請をしに行きました。白い子犬が居ました。おそらく一度にまとめて放棄されたのだと思われます。皆そっくりで月齢も同じくらい、同じ場所で捕獲されたそうです。
もう1人のボラさんは、今は子犬専門で受けているので、子犬はその方にまかせます。一度に全ては連れて来れないので、もうしばらくセンターに居れる様に交渉して第1陣の保護要請をしました。絶対に処分はしないと約束を取り付けてあるのでご安心下さい。この方はもう長い期間、このセンターの職員と信頼関係を築いてきたので、センターの職員も絶対にこの方との約束は守ってくれています。

話しはそれますが、以前保護要請に行った時にこんな事がありました。
昨日ご紹介した卒業犬のすももちゃんの引取りの際に、子犬とは別々の部屋に居たので私は疑問に思い、「何故親子を引き離しているのですか?」 と、尋ねました。するとその職員は言いました。 「この子は栄養失調で痩せています。ごはんを食べて少しお乳が出る様になってきました。だから子犬がそのお乳を吸います。でもこの母犬はまだそれほど体力は付いていないので、お乳を吸われてしまうと、栄養がいつまでも付きません。そのままでは死んでしまうんです。必死に子犬を守ってきたこの母犬を栄養失調で死なせる訳にはいきません。だから別々な部屋に入れています。寂しいでしょうが、生かす為には仕方ありません。」 と。私は正直驚きました。ここは 「保護センター」 とは名ばかりの、動物にとって死に一番近い場所です。そんなところで働くのは動物が嫌いな人でないと勤まらないと思い込んでいたからです。しかし実際はその逆なのです。動物を死なせたくないからこそ死に一番近い場所で働いていたんです。中にはそうではない人も居るかもしれませんが・・・この人達も被害者なのです。毎日毎日代わる代わるに来る動物を見つめ続けなくてはいけないのです。

話しを元に戻します。
私は、子犬よりも、成犬を保護する様にしています。子犬はセンターの譲渡会等で引き取られる可能性は高いです。しかし成犬はやはり子犬と比べるとその可能性は低くなります。その中でもより、命の期限が差し迫った子を保護する様にしています。
一度に全ての子を保護出来ればこれほど良い事はありません。しかし私達は、自宅以外に保護出来るスペースがありません。場所的にも体力的にも経済的にもいつもギリギリで活動しています。
こんな事を言うと 「そんな生ぬるい事を言ってないで、どんどん保護しろよ」 と、思われる方も居ると思います。事実その様に言われた事もあります。それでもやはり、限界があります。そんな自分が情けなくて悔しくて歯がゆくて・・・でも、1歩ずつ確実に活動する為にはこの方法以外に方法が見つかりません。

私は、昨日1頭の成犬の保護要請をしました。たった1頭です。本当に力の無い自分が情けないです。
この子は来週末に我が家に来ますので詳しくはその時にご紹介します。

私達のボランティアは、里親希望者様が居て初めて成り立ちます。
もし、これを読まれている方が今度お家に新しい犬や猫を迎える機会がきたら、里親様を募集している子達にも目を向けて頂ければ嬉しいです。今か今かと新しい出会いを待っている子達が全国に沢山居ます。

何だか随分と偉そうな事を言ってしまいました。私はこんな偉そうな事を言える程立派な人間ではありません。何だか自己嫌悪です。
話しが暗くなりましたので後は我が家の3わんずにおかませします。


20070630-1.jpg

「皆さん初めまして。この家の新人です。名前はひじきです」


20070630-2.jpg

ひじき 「ごんた君。これからよろしくね。」
ごんた 「怖いよ。怖いよ。近寄るなよ。」


20070630-3.jpg

ひじき 「あずきちゃん。お手柔らかにお願いします。」
あずき 「あたしがこの家のルールを叩き込んであげるわ」


20070630-4.jpg

ひじき 「つくね君。いきなりそれはひどいじゃない。」
つくね 「このやろ。こうしてやる。噛み付いてやる。」


がんばれひじき君。皆と仲良く遊んでくれ。


明日は又別のお話です。
では皆さん又明日お会いしましょうHello

ニックネーム みぞ at 13:47| Comment(6) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

すもも  ゲストNO,4

皆さんこんにちはぴかぴか(新しい)何だかよくわからないお天気ですね。晴れなのか、曇りなのか、雨なのか。はっきりしてほしいものですふらふら天気が悪いと憂鬱になりますバッド(下向き矢印)でも今日も張り切って更新。更新。がんばりますパンチ
今日は昨日の予告通り、「ゲストNO,4 すもも」 をお送りしますグッド(上向き矢印)


すもも  ♀  MIX



20070629-1.jpg



すももは昨日ご紹介させて頂いた、「子犬のらんちゃん」 のお母さん犬です。すももは、とても頭の良い子で愛嬌たっぷりで本当にかわいい子です。
そんなすももが、保護センターに捕獲された経緯は詳しくはわかりません。すももは放棄されるまでは、おそらくお部屋の中で飼われていたのだと思います。初めて私の家に来た時も全く怯える様子も無く、むしろ 「今日からここが我が家になるのね」 と、いった感じで楽しく家中を散策してました。こんなに素直でかわいい子が何故放棄されなければならないのか?疑問は尽きませんが、おそらくは妊娠したからだと思われます。子供を身ごもり、不安でいっぱいの中、いとも簡単に放棄されてしまったのです。何処か安全な場所で子犬を産み育てていました。最初はそれに気付いた近くの方がごはんをあげていたようです。でも、どんどん大きくなる子犬とその子犬を育てる母犬をそのまま放置する訳にもいかずに、ついにセンターに捕獲されてしまいました。すももが捕獲された当初は、ひどく痩せ細り、栄養失調でした。当然お乳も出る訳はありません。捕獲されてから、定期的にごはんを貰える様になったので、子犬達はすくすくと育ちました。すももも、少しずつ元気を取り戻しましたが、そこは保護センターです。子犬とすももは人馴れしているので、譲渡対象犬として他の子よりも長い期間保護されていました。しかしご縁は無く、明日ついにその日がやってきたというところを私達で保護する事が出来ました。
すぐに子犬は巣立ち、後はすももが幸せになる番です。しかし成犬の譲渡は慎重にいかなくてはなりません。子犬と違って馴れるのに時間が掛かるからです。しかしすももは、とても素直で純粋な子でした。


20070629-2.jpg



良く遊び、良く食べ、良く寝て、まさに天真爛漫な姿でした。今まで我慢して来た事を取り返すかの様に甘えるのが好きで本当に愛すべき存在です。


20070629-3.jpg



保護してから1ヶ月が過ぎ、体重も適正になり、栄養もついて健康状態も絶好調なので、里親様の募集を開始しました。MIX犬は里親希望が少ないと思われがちですが、そんな事はありません。すももは沢山のご応募を頂きました。
私はその中でも、すももの性格を考慮して一人で寂しい思いをする事の無い様に、先住犬の居る東京都のご家族に決めました。先住犬が居ると中々難しいところも有りますが、すももは人でも犬でも誰とでも仲良く遊べるので、心配はありませんでした。事実我が家の3ワンズとは毎日仲良く遊んでいましたので。
しかし先住犬ちゃんとの相性等がありますので、お試しのトライアル期間を設けさせて頂きました。


20070629-4.jpg

「ここが今日から私の新しいお家か・・・」


初めて里親様のご自宅に伺った時の写真です。少し緊張気味です。
それから、喜ばしい事に里親様から正式譲渡のご依頼が有り、すももは本当のご家族にめぐり会う事が出来ました。
後日私が里親様のご自宅に伺うと・・・


20070629-5.jpg

「あら、いらっしゃい。私のお家でゆっくりしてって」



こんな感じですっかりご家族と馴染んでいました。私はこのご家族とのご縁が有った事を本当に嬉しく思い、思わず涙ぐんでしまいました。
あれから毎日色々ないたずらをしながらも、幸せに暮らしています。
里親様には本当に感謝しています。素敵なご縁をありがとうございました。そして、すももちゃん卒業おめでとう。これからは変わらない愛情に包まれて、もっともっと幸せになれるね。


明日は、又別のお話をさせて頂きますダッシュ(走り出すさま)今日これから出掛けてきますので、その時のお話しをさせてくださいexclamation×2
それでは皆さん、又明日お会いしましょうるんるん
ニックネーム みぞ at 11:17| Comment(4) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

かりん&こもも  ゲストNO,2&3 

皆さんこんにちはわーい(嬉しい顔)ものすごく暑い日ですが、皆さんいかがお過ごしですか?みぞ家のある千葉県はとても暑いです顔(え〜ん)我が家の3ワンズも皆バテています犬(泣)
今日は昨日の予告通り、ゲストNO,2&3をお届けしますexclamation


かりん  ♀  MIX

20070628-5.jpg



こもも  ♀  MIX

20070628-2.jpg



この2頭は、保護センターに居た子達です。
当初、こももとその母犬を引き取ろうと思い、センターへ出向いたのですが、かりんを一目見た時の印象が強くて、一緒に預かってきました。

こももは母犬と姉妹犬と共にセンターに収容されました。何処かで母犬が子供を産み育てているから、捕獲して欲しいとの要請があったようです。姉妹犬はセンターの譲渡会でのご縁が有り、すぐに里子に出たそうです。しかし、こももと母犬はご縁が繋がらずに、次の日にこの世には無い命となってしまう運命でした。が、そんな中で懸命に我が子を育てる母犬とその子犬を見捨てる事は出来ません。緊急でセンターを訪れ、私達での保護要請をしました。
その時に別の檻に居たのが、かりんです。かりんは私にとって印象の強い子でした。人間を怖がる上目遣い、一言も声を発しない。これが初めて私が、ごんたに出会った時の顔と同じだったからです。
予想は的中です。ずっとまともにご飯を食べない、人が来るとガタガタと震え続ける。これは人間に対して良い感情を抱いてないわんこが取る仕草です。案の定私が近づくと、恐怖でおしっこを漏らしてしまいました。少しでも私が手を動かすと怖がって目を伏せてしまいます。そして又おしっこをしてしまいます。おそらく虐待されていたのでしょう。
そんな子をどうしても残してくる事が出来ずに、3頭一緒に保護要請をしました。

母犬と子犬のこももは、2頭共に人が好きな様子で飛びついてきます。


20070628-4.jpg



かりんは、全く動く気配がありません。
我が家に来てすぐにごはんをあげました。嬉しい事に3頭共に全て食べてくれたので、安心しました。
それからすぐにかりんが、排便しました。センターでは、排便すらまともにしなかったそうです。
それは私を悲しくさせました。排泄するもののほとんどが枯葉や草、小石だったからです。こんな物を食べるしか生きる道が無かったのかもしれません。それでも必死に生きてきたのです。私はこの子を死なせなくてよかったと思い、同時にこの子を里子に出すには、何よりもまず心のケアをしなくてはいけないと痛感しました。
それからすぐに、こももに里親のお申し出が有り、お見合い (里親希望者様と里子わんこの顔合わせ) の為にこももに会いに来てくれました。その時に一緒に居たかりんを見て、里親希望者様がこの子も一緒に引き取りたいとおっしゃったのです。2頭一緒には大変だからと言いましたが、里親希望者様は 「この子は私達が以前保護して大切にしてきた子にそっくりなのだ。この子を私達の手で幸せにしたい」 と、言いました。私達は悩みましたが、かりんの性格から見て一緒に居た子と同じ家に行ければ、より早く心を開いてくれるかもしれない。幸いな事に一緒に住む子は子犬で愛嬌たっぷりのこももです。
私達はこのお申し出をありがたく受けました。
それから時間は流れて・・・


20070628-3.jpg


20070628-1.jpg


2頭共に毎日仲良く寄り添って寝るそうです。2頭は新しいお名前をつけてもらいました。
子犬のこももは 「らんちゃん」 茶色のかりんは 「ももちゃん」 です。毎日たくさん食べて、たくさん遊んでいるそうです。ももちゃんはまだ、ご家族以外には人見知りしてしまうそうですが、ご家族には毎日甘えているそうです。
卒業おめでとう。らんちゃん&ももちゃん。

明日はらんちゃんの母犬である 「ゲストNO,4 すもも」 のお話しです。
では皆さん又明日お会いしましょう。


ニックネーム みぞ at 16:51| Comment(10) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

ラッキー  ゲスト NO,1

皆さんこんにちは。
我が家のわんこ達が自己紹介したいと言うので、まかせていたらそれぞれが好きな事を言ってくれちゃって顔(汗)本当に困ったわんこ達です。今日からは母である私(みぞ)が皆さんとお話しさせて頂きますので、よろしくお付き合い下さいわーい(嬉しい顔)
私は我が家のわんこ達のお世話をする一方で、わんこの里親さん探しをお手伝いしています犬(笑)何かと大変な事も多いですが、それ以上に大切な事を教えられてきました。今日からは今まで我が家を卒業して幸せになったわんこ達をご紹介していきまするんるん

ラッキー  ♂  シェットランドシープドッグ

20070627-2.jpg


ラッキーは、千葉市の某国道沿いをフラフラと1頭で足から血を流して歩いていました。偶然それに気づいたボランティア仲間がすぐに保護しました。そこは国道と名前は付いていますが細い道路です。足取りがおぼつかない様子で歩いていたので、このままでは車に轢かれてしまうと思い緊急に保護しました。
保護当初、その子は首輪と青いバンダナをしていたので、迷子だと思いすぐに警察と各市の保護センターに届けました。が・・・問い合わせがありません。車であちこち回ってみたり、色々歩いてみたり、各所にチラシを貼ってみたりと、出来る限りの手は尽くしました。しかしいたずらに時間だけが過ぎてしまう毎日でした。

ラッキーには不思議な点がいくつかありました。
首輪もバンダナも素敵なものを付けていたままな事。首輪には名前が書かれていた跡があった事。(判別出来る状態ではありませんでした)そして、完璧に一通りの躾が出来ていた事。
「お手・おかわり・お座り・フセ・マテ・ハウス」 のコマンドが全て誰の指示でも的確に出来ます。極めつけは、ごはんを食べている最中に私がわざと手を出します。大抵のわんこは怒ってうなるか、噛もうとします。でもラッキーは手が見えるとすぐに食べるのを止め、お座りからマテの状態で待ち続ける事が出来たのです。再び 「よし」 のコマンドが出るまでは、私の目を見つめたままです。
そんなラッキーですが、お散歩は上手に出来ません。と、いうよりもあまりお散歩をした事が無い様子でした。お散歩の引きは半端なものではありません。まっすぐ歩く事が出来ません。あちこちにぶつかります。嬉しいからなのか、怖いからなのか・・・この時ばかりは 「マテ」 コマンドも今一なのです。
トイレは完璧でした。お部屋に居ても、したくなればきちんと玄関の前でドアを手で叩いて知らせてくれます。
こんなに躾が出来ているのに、矛盾する事は他にもありました。
まず、お手入れをされていた様子がありません。先にも書きましたが、足からよく出血していました。これは、長く伸びた爪が途中で折れて肉球にささり長い間放置されていたものによる出血です。
歯や歯茎が見えないほど汚れていました。舌の色は悪く何か病気を疑ったほどです。
そんな色々な事に気づきながら、日々が過ぎていきました。そして私達は1つの結論に達しました。
この子は迷子では無く、放棄されたのだと。どれだけ各所に問い合わせても、日にちがたっても、名乗りではありませんでしたから。
そして私達は話し合い 「この子はとても優しくて良い子だから必ず素敵な里親さんが見つかる」 と。それから里親さんを募集しました。喜ばしい事に沢山のご応募を頂きました。

20070627-3.jpg


20070627-4.jpg


こんなにいい笑顔で、甘えるのが大好きで、ちょっぴり食いしん坊な子でした。そして素晴らしいご縁が見つかり、新しいパパとママのところへ旅立ちました。


20070627-5.jpg


あれからラッキー君はとても幸せに暮らしています。我が家に居た時よりももっと素敵な笑顔を振りまいています。


20070627-1.jpg


ね?とても幸せそうでしょ?このお写真はつい最近ラッキー君のパパとママが送ってきてくれました。このお顔を見て私も夫 (こうちゃん) もとても嬉しくてはしゃぎました。ラッキー君はもう2度と寂しい思いをする事はありません。


明日は、ゲスト NO,2 & NO,3 のわんこ達をお送りしますぴかぴか(新しい)
では、皆さん又明日お会いしましょうハートたち(複数ハート)
ニックネーム みぞ at 13:24| Comment(6) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

つくねです

皆さんこんにちは。僕がつくねです。

20070626-4.jpg

僕はミニチュアダックスの♂です。年齢は自分でもよく

覚えてないんだよ。でもママは僕の事を 「おじいちゃん」

なんて呼んだりするんだよ。失礼だよね。僕ってば、

こんなにかっこいいでしょ?

20070626-3.jpg

こんなに男前の僕は、つい最近パパとママの子に

なったんだよ。と、言うよりパパとママが僕を大好きだから

仕方ないから2人の子になってあげたんだよね。

20070626-1.jpg

僕がここのお家に来たのには、色々な訳があるんだ。

僕は、2月の寒い寒い夜にママと一緒にボランティアを

している人のお家の庭に置きざりにされてたんだって。

僕はその時の事はよく覚えてないんだ。

だって、とにかく寒くて、悲しくて、辛かったから。

僕はお洋服を着ていたから、最初は迷子だと思ったみたい。

でも、その人のお家はわんこがいっぱい居て、すごく

厳重にお庭をガードしてあって、僕みたいに体の小さい子でも

簡単に出入りする事は難しいお家だったんだ。

門を開けて、お庭に通じるもう1つの門を開けて、

更にもう1つ高いフェンスがあるから、人が開けないと

出入りはできないんだ。そのお庭の片隅に僕は置き去りに

されてしまったんだ。しばらくしてそこのお家のわんこ達が

僕に気づいてくれて、やっと温かいお家に入れてもらえたんだ。

それからも僕は色々な事があったよ。ちょっと長くなるんだけどね。

そして僕はパパとママのお家に先月お引越ししてきたんだ。

初めてこのお家に来た時はすごく緊張してたよ。

20070626-2.jpg

僕がこのお家の子になるまでのお話は今度ママが

お話するって。えっ?今の僕?もちろん幸せだよ。

20070626-5.jpg

見てくれたらわかるでしょ?僕の大好きなあご枕と一緒に

かっこいいお顔で写ってるでしょ?このあご枕はママの

太い太い足なんだよ。あっっ。僕がこんな事言ったなんて

ママには言わないでね。ママ怒ると怖いから・・・

明日からはママが皆さんとお話したいんだって。

ママのお話は長いけど皆さん聞いてあげてね。

ではまた明日お会いしましょう。

ニックネーム みぞ at 11:02| Comment(4) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

あずきです

皆さんこんにちは。あたしがあずきです。

20070625-5.jpg

昨日はごんたが主役だったでしょ?でも今日はあたしが主役なの。

と、言うよりあたしはいつも主役ね。

20070625-1.jpg

だってね。こんなにあたしの笑顔かわいいでしょ?

あたしはとにかく人が大好きで、ずっと誰かの側に居たいの。

ママはあたしがお家に来てから、「少しだけごんたの人見知りが

直った」 って言ってるわ。そうなの。

あたしは、天使のあずきちゃんって言われてるのよ。

だからパパもあたしの事が大好きなの。

20070625-6.jpg

ほらね。子供の頃のあたしよ。かわいいでしょ?

あたしは、パパがお仕事中に急にわんこに会いたくなって、

ごんたに会いに帰る訳にもいかないから、ペットショップに

寄ったんだって。そこであたしとの運命の出会いをしたのよ。

皆が元気に遊んでる中、あたしだけが一人でうずくまってて

寂しそうにしてたから声をかけたんだって。

そこであたしが振り向いたわけよ。そしたらこの愛くるしい

お顔でしょ?もう一目ぼれしてしまったのよね。

それからお家に帰ってすぐにママに相談したんだって。

ママは 「ごんた以外を家族にするなら里子を貰おう」 って

言ったんだけど、パパはあたしが好きで好きで仕方なくて

ついにパパとママの子になったって訳よ。

20070625-3.jpg

それからはずっと幸せよ。ごんたは怖がりだから、

女の子のあたしが、いつもごんたを守ってるの。

お外でごんたに向かって来るわんこからいつも守ってあげてるの。

何だかしゃべりすぎて疲れちゃったわ。そろそろ寝るわね。

20070625-2.jpg

明日は、我が家のわがままな新人のつくねが登場するわよ。

つくねは本当にわがままなのよ。

じゃあ皆さん、又明日お会いしましょうね。バイバイ。

ニックネーム みぞ at 18:28| Comment(4) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

ごんたです

皆さんこんにちは。僕がごんたですゴン。


20070624-1.jpg


僕は9歳と半年で♂なんだゴン。このお家の長男だゴン。

今日は僕の自己紹介をするゴン。

20070624-2.jpg


僕ってばかっこいいでしょ?お散歩してると近所の皆さんに

声を掛けられるゴン。でもサインはお断りしてるゴン。

僕は、9年前にある場所で生まれて、それからすぐにお父さんと

お母さんの勤めている会社の人が僕を貰ってきたんだゴン。


20070624-5.jpg


この時は幸せになれると思って車酔いにも負けずにがんばったゴン。

でも僕は生まれてすぐに車にぶつかって上手に歩けなかったんだゴン。

そしたら僕を連れてきた人が「こんな犬ならいらない」って

言ったんだゴン。そして「貰ってきたのに返すのはかっこ悪いから

何処かに捨ててくる」って言い出したんだゴン。

僕はすごく悲しかったゴン。でもそれを聞いたお父さんと

お母さんが激怒して「しばらくは会社で面倒見よう」って言ったんだ

ゴン。お母さんはこの時、その人に「二度とこの子に触るな。

目の前から消えてくれ」って怒鳴ってたゴン。この頃からお母さんは

怖かったゴン。でも、その人はバツが悪かったのか、その日から皆の

見てない所で僕に八つ当たりを始めたんだゴン。

僕はまだ小さいのに唐辛子とかお口に入れられて苦しかったゴン。

この時は皆で僕を守ってくれたゴン。でもその時から僕は人見知り

するようになってしまったゴン。

それからすぐにお父さんの実家にお引越ししたんだゴン。

それからの僕はすっごく幸せだゴン。

20070624-3.jpg


そして今のお父さんとお母さんが結婚して、僕と一緒に暮らし

始めたんだゴン。僕ってば愛のキューピットでしょ?

僕は生まれつき肝臓と腎臓の機能が弱くて毎日沢山のお薬を

飲んでるんだゴン。たまに具合が悪くなって寝込んでしまうゴン。

20070624-4.jpg


でもそんな事どうでもいいくらいに、いっぱいご飯を食べて

いっぱい遊んで元気なんだゴン。

皆さん、こんな僕だけどこれからもよろしくなんだゴン。

明日は僕の生意気な妹のあずきが自己紹介するんだゴン。



ニックネーム みぞ at 13:32| Comment(10) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

はじめまして

皆さん、はじめまして。ごんあず旅館へようこそ顔(笑)
このブログは、我が家のかわいいわんこ達の毎日をお楽しみ頂く、親バカなブログです顔(ペロッ)又、ボランティアでわんこの里親さん探しをしています。今日は、我が家の愛しのわんこ達を紹介したいと思いまするんるん


ごんた  MIX  ♂  9歳半

toppagephoto11.gif


あずき  ウェルシュコーギーペンブローク  ♀  2歳3ヶ月

toppagephoto21.gif


つくね  ミニチュアダックスフント  ♂  10歳くらい

toppagephoto31.gif


以上の3頭が我が家のわんこ達です。あと人間2人の5人(?)家族です。詳しくは、又今度紹介します犬(笑)





ニックネーム みぞ at 23:52| Comment(4) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする