2007年07月02日

つくね  ゲスト NO,5

皆さんこんにちはグッド(上向き矢印)今日の千葉県は雨が降っていてジメジメしてますたらーっ(汗)こんな日はお庭にナメクジが出るので困りますがく〜(落胆した顔)何故なら・・・・・
ごんたがよくナメクジを体に付けて来るからですもうやだ〜(悲しい顔)なぜかいつもごんただけバッド(下向き矢印)他の子はそんな事は無いんですけどあせあせ(飛び散る汗)

今日は昨日の続き「つくねのしっぽ・・・後編」をお送りします。
昨日見てない方は「つくねのしっぽ・・・前編」からお読み下さい。


つくねのしっぽ・・・後編



20070702-6.jpg



20070702-4.jpg



我が家につくねがやってきた翌日、夫(こうちゃん)が言いました。
「あの子何だかすごく臭いね。」 と。私はその頃ひどい花粉症で鼻が利かなかったので、最初は気付きませんでした。「どうせ、シャンプーしてないから少し臭うのだろう」と思っていたのですが、どうもそんな臭いではありません。あまり利かない私の鼻でも臭いました。何だかとても変な臭いです。でも、この日はトリミングの予約をしていましたから、洗えば綺麗なるだろうと思っていました。

そしてトリミングへ連れて行きました。
つくねは「フケ」も沢山出ていました。昨日それに気付いた私はつくねを連れて来てくれたボラさんに、「フケ」の事を聞いてみましたが、シャンプーしてないからだと言われたので、何かの皮膚病では無い事を知り安心してトリミングを予約したのです。
トリマーさんは当然尋ねます。「この子の尻尾のテーピングは取ってもいいんですよね?」 私は答えます。「尾齧りをするのでテーピングを巻いるそうです。でも完治しているそうなので取って頂いて大丈夫です」 そしてテーピングを取りました。
トリマーさんも私も唖然としました。テーピングは肌に直に巻かれていて、その部分は完治どころか、更に酷くなっていました。
そうです。つくねの臭いの原因は尻尾だったのです。直にテーピングを巻き、外気に触れることの無い状態だった為に酷く化膿して血と膿が飛び散りました。
私はトリミングをキャンセルして、すぐに掛かりつけの獣医さんに見てもらいました。獣医さんも 「これを完治したとは言わないね。むしろ壊死しかかってるよ。」 

それから私はつくねが尻尾を噛まない様にエリザベスカラーをして、薬を塗って、を毎日繰り返しました。しかしつくねはそんな事では諦めません。噛めないと解ると壁やゲージにこすり付けます。そして又、血と膿が飛び散ります。何をどうしても良くなるどころか悪くなるばかりです。
原因はストレスです。つくねは放棄されるまではおそらくとても大切に飼われていたのだと思います。それが急に放棄され、居場所をあちこち変わり、小さいキャリーにほとんど入ったままの状態で3ヶ月間過ごしていました。
ある日私はつくねに手を噛まれました。噛み付いて離れません。私の手は裂けました。そして気付きました。この子のストレスの原因は 「キャリー」 だったのです。おそらくこの中に居ると捨てられてからの3ヶ月、ずっと寂しい思いをしてきた記憶がよみがえるのだと思います。
私はキャリーを、ゲージの中で寝床代わりにしていたので、それを排除しました。それからのつくねは、とても甘える様になりました。精神的に少し落ち着いてきました。

しかし、尾齧りを止め様とはしません。つくねは一度血が出ると中々止まりません。獣医さんも 「おそらく高齢で心臓が弱っている事も有り、一度血が出ると中々止まらないのだろう。」 と言っていました。つくねは小型犬で高齢です。血を噴き出しながらどんどん弱っていくつくねを放っておけません。

そして私は決意しました。壊死しかかってる部分を断尾しようと。そうしなければ命に関わるからです。
つくねはそれを理解したのでしょうか?病院に行ったその日に突然診察台の上で自分で尻尾を噛みちぎりました。つくねの尻尾は折れた状態で血が吹き出ました。緊急で手術をして頂きました。

こうしてつくねは尻尾が無くなりました。

それ以外の道は無かったのか?そう思われる方は沢山いると思います。私は沢山の病院に行きました。しかしどの獣医さんも、この子を助けたいなら断尾するしかないと。
決心が出来ない私がつくねのストレスを余計に倍増させていたのかもしれません。

そして私はつくねを私達の家族にしたいと思いました。
罪悪感?それは違います。つくねの心は今でも癒えていません。時々寝ている最中に突然起きて泣き叫ぶ事があります。夢を見るのでしょうか?起きている時は何も無いのですが、突然飛び起きて、もう今は無い尻尾を追いかけてクルクルと回ります。尻尾を噛めない代わりに私に噛み付く事もあります。
つくねは今もトラウマを抱えています。それは今後消える事はないかもしれません。つくねが無くしてしまった尻尾と大切な何かを取り返す事は出来ません。ならば、一緒に生きてつくねのこれからを一緒に過ごしていきたい。そう思いました。
それは私のエゴかもしれません。それでも誰に何と言われ様と、つくねとつくねが背負っている何かと一緒に生きていきます。

しかし今でもどうしても納得出来ない事が有ります。それは我が家に来る直前までつくねを預かっていた場所の事です。
そこは某動物病院だったからです。
病院として尻尾が酷くならない様に最善の努力をしていたのだと、信じています。
ならばどうして完治した等と言ったのか?この疑問は一生消える事は無いでしょう。


20070702-5.jpg


20070702-2.jpg


20070702-3.jpg



この写真は今朝のつくねです。
つくねが今本当に幸せなのか?それは私にもわかりません。でも私は幸せです。つくねと一緒に居られるから。皆と一緒に暮らせるから。

こうしてつくねは我が家の一員になりました。


とても長くなりましたダッシュ(走り出すさま)皆さん疲れたでしょうexclamation&question
でも又明日も更新しますよGood
それでは皆さん、又明日お会いしましょうぴかぴか(新しい)

ニックネーム みぞ at 12:14| Comment(12) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする