2007年07月27日

ごんたと一緒に

皆さんこんにちはるんるん
いよいよ夏本番の暑さになってきましたねGood
みぞは夏は嫌いではありませんが、やはりわんこ達にとっては辛い季節に犬(怒)
あんなに沢山の毛を身にまとっている訳ですから当たり前ですねたらーっ(汗)


今日は昨日の夕方散歩の際にあった事について書きたいと思います。

昨日の夕方散歩は 『ごんた&つくね&とうふ』 の男の子チームで行きました。
我が家のすぐ近くに公園があるのですが、毎日子供達が遊んでいます。
そんな小学生の女の子達が私がお散歩しているのを見て、走り寄って来ました。
ただでさえ目を引く集団なので気になったんでしょうね。

つくねととうふは誰が見ても大抵可愛いと言われます。
でもごんたは、他の子に比べると茶色のいわゆる雑種犬です。
そして人見知りが凄いので、いつも私の後ろに隠れてしまいます。

3人の女の子の内、1人が言いました。
「この子だけ可愛くない。安っぽいね。」 と。

子供の素直な感想だったのでしょう。
つくねととうふに比べると愛想は悪いし、体は大きいし、雑種だし。
私は特別何も思わずにその女の子に言いました。
「でも、この子は何度も病気で死にかかったのに、何度も病気に勝った凄い強い子なんだよ。この3匹の中で一番強い子だよ。」と。
女の子は言いました。
「そうなんだ。凄いね。」 と笑顔で言いました。
まだ子供なので、大人の私の言う事を素直に受け入れられたのでしょう。
それから、女の子達とバイバイしました。


20070727-1.jpg




「何かこの犬哀れだね。貧乏くさい犬だね。」
これは近所に住む白いトイプードルを飼っている老夫婦に言われた言葉です。

この言葉。何度言われただろう。
セリフを変えて、同じ様な事を今まで何度言われてきただろう。


まだごんたしか居なかった時期。私達夫婦が共働きしていた時期。

ごんたは何度も入院しました。
生まれつき、肝臓と腎臓の機能が悪いので、少しでも体調を崩すと何も食べられなくなります。
そして胃液の全てを出し尽くすくらいに吐き続けます。
下痢もとまりません。血便血尿が出ます。
ですからごんたは常に痩せていました。ごんたの理想体重は14kgです。
その頃は10kgくらいでした。もう見た目でヒョロヒョロしてます。
ごんたは生まれてすぐに車に轢かれたそうで、今でも足が悪いです。
普通の犬の様に満足に走れません。普段歩く姿もぎこちないです。

だからごんたを連れて歩いていると、何度も 「この犬かわいそうね。」 と言われました。


20070727-2.jpg


「何が?何がかわいそうですか?ごんたは私達にこんなにいっぱい愛されています。私達には居なくてはいけない世界で一番大切な子です。」
そう叫びたい気持ちを抑えて、気に留めない様にしてきました。


20070727-3.jpg


ごんたは体が弱いので、何度も生死の境をさまよいました。
その頃通っていた病院の獣医に 
「ごんたが今生きていても、明日明後日は保障出来ない。」
何回言われたかわかりません。
ごんたに良いとされる注射を打ち、点滴をし、薬を飲ませて。
随分と辛い思いをさせてきました。
一度は入院を断られた事も有ります。
「もう無理かもしれないからお家で看てあげなさい。」と。
どれほど悲しかったかわかりません。
でもごんたは必死で生きようと闘っていました。

ごんたの今までの入院費。治療費。薬代。療養食代。
全て合わせると私の車軽く2台は買える金額になります。

全然安っぽくないです。むしろとてもお高い犬です。


20070727-4.jpg


無理して生きさせようとした事を非難された事もありました。
でもそれを悔いた事は一度もありません。
だって私達のごんたは今もこうして毎日元気に生きていますから。


それから私は仕事を辞めました。
常にごんたの傍に居られる様になりました。

とても驚く事がおこりました。
相変わらず療養食で、食事制限をされたいたので、太る事は出来ない筈のごんたが、私が仕事を辞めて家に居る様になってから、すぐに4kg増えました。
これには獣医も驚きでした。

獣医 「何か食べさせていませんか?」 
私  「特別何も。先生の言う通りにごはんは与えています。おやつもあげてません。」
獣医 「では何か環境が変わりましたか?」
私  「私が仕事を辞めたのでずっと家に居ます。」
獣医 「じゃあそれで精神的に安心したんですね。」
私  「それで急に太るんですか?」
獣医 「幸せ太りですよ。」


20070727-5.jpg


あれからごんたはずっと理想体重の14kgをキープしています。
近所の皆さんにも 「ごんた君は足取りもしっかりしてきて健康になったね。一時期死にかけたのが嘘みたいだ。」 と今でも言われます。

ごんたは 「哀れで貧乏くさい犬」 ではありません。
私達にとっては初めからそうでした。
義父、義母は私が働いている間も交代でごんたの傍に居て面倒を見てくれていました。義父、義母は今でもごんたを連れて遊びに行くと大喜びしてくれます。

ごんたをとても愛しています。ごんたが居なかったら私達夫婦は結婚して無かったと思います。
それくらいごんたは私達にとってかけがえの無い存在です。

ね?哀れで貧乏くさい犬じゃないでしょ?
自慢の我が家の長男でしょ?
私が何故こんな事を皆さんにお伝えしたかと言うと・・・
ただ単に自慢です。我が家のごんたがどれほど素敵な子かお伝えした、ただの親バカの自慢話です。
みぞは過去に言われた事を根に持っていません。(少しは持ってるけど。)
そんなごんたをこれからもよろしくです。


本日はこのへんで犬(泣)
では又明日お会いしましょうHello


ニックネーム みぞ at 07:17| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする