2007年08月27日

幸せになってほしいです

皆さんこんにちはるんるん

今日は私がいつも読ませて頂いている方のブログ記事をご紹介させて頂きます。
以下、『ひめおかん』 さんのブログからの転載です。


〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜



私は「プーちゃん」です。

ダックスでクリーム色の毛色の女の子です。



a03f592e.jpg


私は、ママとパパに捨てられました・・・・。

病院に置き去りにされました。

私は、椎間板ヘルニアと脳に障害があります。



68405788.jpg


でも、私は一生懸命生きています。

一人で障害と闘っています。

ずっと、愛情なんか注いでもらわなかったけど

私は絶対噛んだり吠えたりしたりせず

家族に愛されるよう良い子にしてきました。

でも、私は捨てられました。なんで?

これで2回目です。

私何かしたのかな・・・・・。悲しいな・・・・・・・。

一緒に障害と闘ってくれるママがいたら、

この悲しさや寂しさ無くなって、もっともっと頑張れるのに。。。

一緒に闘ってくれませんか?

私はすごくいい子です。

ただ、介護してもらえないと生きていけません。

ママになってくれる人にたくさん迷惑かけるかもしれないけど

私一生懸命障害と闘います!

どうか、宜しくおねがいします。



63c40efe.jpg


〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜



この子の里親様を探している 『ひめおかん』 さんは、夜間の動物病院に勤務されています。
そこに急患で来たのがこの 『プーちゃん』 だったそうです。
全く手をかけてもらえていない様子は一目で理解されたそうです。
飼い主は症状が落ち着き朝になったら向かえに来ると言い、一部のお金の支払いだけを済ませて帰ったそうです。
そしてそれきり向かえにも来ない、電話にも出ない。。。
こうしてプーちゃんは病院に放棄されました。


私は正直こういう話を聞くと、むかついてむかついて仕方ありませんが、同時にもっと酷い状態になる前で、死ぬ前に放棄されて良かった。
と、思う様にしています。
人知れずに死んでしまう子は沢山います。
その中でもこのプーちゃんは優しい病院のスタッフさんに巡り会えました。
そして新しいご家族を探してくれる、ひめおかんさんと巡り会えました。
放棄された子の心の傷はとても大きいです。
私達人間が想像している以上に、根が深く、いつまでも心の底に残ります。
我が家のつくねも同じです。
毎日毎日この子が安心出来る様にいつも目を見て話しかけ、抱きしめます。
それでも、ほんの些細な事をきっかけとして、辛い思いをしていた事を思い出しパニックに陥る事もあります。


このプーちゃんは心の傷と、椎間板ヘルニア、脳障害とハンデをたくさん抱えています。
でも、その事実から目を背けること無く、プーちゃんの事を愛してくれる方は必ず居ると信じています。


病気の犬を迎える事は容易な事ではありません。
ごんたと一緒に暮らしていてつくづく実感しています。
一度具合が悪くなると、血便、血尿、嘔吐を繰り返し、喘息の様な症状を繰り返します。
私は時には寝むれない日もあります。
治療代で生活に困った事さえあります。
でも私は一度もごんたを手放そうと思った事はありません。

ハンデを追った子を家族にする事は辛く悲しい事ではありません。
私達に命の大切さと愛おしさを教えてくれます。

どうか1日でも早くプーちゃんに本当の幸せが降り注ぎますように。


20070827-1.jpg


20070827-2.jpg


20070827-3.jpg



この子達の様な幸せな笑顔を見たいです。



それでは皆さん又明日お会いしましょうHello

ニックネーム みぞ at 11:38| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする