2007年10月08日

たくさんの善意に感謝しました

皆さんこんにちはグッド(上向き矢印)

先日から体調を崩しているごんたですが、今朝から又嘔吐を繰り返す様になりましたバッド(下向き矢印)
朝から既に4回吐いていて辛そうです犬(泣)
それでも私が傍に行くと一生懸命に尻尾をパタパタと振り、私の手を舐めてくれますぴかぴか(新しい)
その姿がとても愛おしくてたまりません揺れるハート
今は吐き疲れて寝ています眠い(睡眠)


20071008-1.jpg

「ごんた少し疲れてますゴン。でも梨が食べたいゴン」


20071008-2.jpg

「でも梨は糖分が多いから今は食べたらダメみたいだゴン。悲しいゴン」



昨日はこんな状態のごんたを置いて出掛けなくてはいけない用事があり、気落ちしながら家を後にしました。
ごんたは義父にお願いして、ずっと傍で診てて貰いました。
こういう時にいつも助けて下さるので本当に有り難いです。


向かった先は、千葉県I市のお祭りです。
ここで、フリーマーケットと募金活動を行う為に出掛けてきました。
お祭りは広範囲で行われていましたが、その中の神社の境内の一部をお借りしました。
今回は看板犬としてきなこも同行させました。
とても沢山の人で賑わっていたので、きなこが興奮しないか心配でしたが、一度も吠える事無く意外と冷静でした。
でも何があるかわからないので、胴輪と首輪のWリードで繋いでおきました。
きなこは人が大好きなので、沢山の人に愛想を振りまいてナデナデして貰いご満悦でした。
でも、境内で和太鼓の演奏が行われようとしていたので、その間はお散歩へ出ました。
すぐ近くでとても大きな音だったので、パニックになりかねないので、避難していてよかったです。
頃合いを見計り戻ると、演奏は終わっていたので再び看板犬を勤めていました。


今回一緒に活動を行ったのは、この地区でもう何十年も猫の保護活動をされているHさんです。
この地区はとても捨て猫が多いそうで、既に何百頭も保護して里子に出しています。


Hさんが今まで保護してきた子のお話や、現在の犬猫を取り巻く現状を熱心にお話されて、沢山の方々に善意のお心を頂きました。

すると、一人の子供が私に近づいて来て言いました。
「僕は子供だからあんまりお金を持ってないからちょっとだけどいい?」
と言い、100円を寄付してくれました。
聞くと、この子は小学校3年生でした。
小学校3年生にしたら100円はとても大きいお金です。
そのお小遣いの一部を私達に寄付してくれました。
私はこの子供の優しい心に触れて、本当に感動しました。

皆様が寄付してくださったお金は、これから保護する犬や猫の為に大切に使わさせて頂きます。
本当にありがとうございました。
この場をお借りして感謝を述べさせて頂きます。


具合の悪いごんたを置いていかなくてはいけなかったので、気が沈んでいたのですが、思い切って行って良かったです。
Hさんに学ぶ事、沢山の皆様とお話させて頂けた事。
とても貴重な経験となりました。
中には通りすがりで、「保護活動?馬鹿じゃない」 的な言葉を放った人も居ましたが・・・


きなこは今回、本当に頑張ってくれて、皆様 「こんなに可愛い子が何故処分されなくてはいけないのか?」 と心を痛めていました。
こういう地道な活動をして、里親制度が少しずつ広がっていけば嬉しいです。
同時に命を捨てる人間が居なくなる事が最大の目標ですね。


20071008-3.jpg

「きなことっても頑張ったのよ。いっぱい可愛いって言われちゃった」


20071008-4.jpg

「だからとっても疲れたの」



そうだね。帰りの車ではぐっすり寝てたもんね。


20071008-5.jpg

「あずきはどうして留守番だったの?」



だってあずきは人ごみ嫌いだし、子供苦手だし。。。


20071008-6.jpg

「ママが居なかったからお義父さんに甘えてたよ」



そうみたいだね。
義父が 「つくねは大分懐いてくれる様になった」 って言ってたね。


今日は昨日の分を取り返すべく一日皆と遊びたいと思います。
って言っても雨なんですけどね。。。


それでは皆さん又明日お会いしましょう猫(足)










ニックネーム みぞ at 12:55| Comment(12) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする