2007年10月26日

動物保護指導センター B

皆さんこんにちはるんるん

昨日は夫 (こうちゃん) がお休みでした。
こうちゃんに3わんずと一緒にお留守番してもらい私は、『動物保護指導センター』 へ行ってきました。


今回は引き出し要請の為ではありませんが、収容されている子達を見てセンター職員と話をする為に行ってきました。
引き出し要請の為だけでなく、たまにこうしてセンター職員とのお話も兼ねて訪れる事もとても重要な事だと思っています。
普段からある程度のコミュニケーションをきちんと取っていれば、何かあった際に突然引き出しする時も、譲渡対象犬としてセンターに長く保護して貰う為の交渉をする時もスムーズになるからです。

昨日は子犬が10頭程収容されていました。
まだ2〜3ヶ月くらいの子犬達で、皆丸々とした健康体です。
センターに入ってからきちんとごはんを食べられるので太った子も居れば、飼い主が持ち込んできた時から太っていた子も居ます。

この子犬達は全て譲渡対象犬なので、少し長くセンターにいれる事になっています。
何人かの方々から、子犬希望で問い合わせが入ってるそうです。
その方達の家族になれれば。。。

私は基本的に成犬を保護する様にしています。
昨日の時点で収容されている成犬は純血種ばかりでした。
センター職員が言いました。
「今収容されている成犬達は皆どの子も性格がいいです。人に噛み付く気配も無ければ、むしろ皆愛嬌のある子達ばかりです」
では何故捨てられたのか?
理由は・・・
ほとんどの子が病気を持っていたからだと思います。

歩く事はおろか、立つ事にさえ必死な子も居ました。
老犬でしょう。。。
こんな年齢になるまで一緒に暮らしていたのに、最期の時を何故こんな冷たいコンクリートの四角く囲まれた窓も無い部屋で過ごさなければいけないのでしょうか?
鳴く気力も無い子をどうして最期まで看取ることが出来ないのでしょうか?
ただ一緒に居て、その手で撫でてあげればそれだけで幸せな最期を迎えられるはずなのに。

年老いた子はいらないの?
病気をしたから?
介護が面倒になったから?
お金がかかるから?

何処に、誰にぶつければいいのかわからない怒りが頭の中をグルグルまわります。

そんな間もガラス扉の向こう側から私を見つめる犬達の目。
ただ、撫でて、一緒に居て欲しい。
必死で私達を見つめていました。

病気を持った子達は譲渡対象犬にはなれません。
何日かたったら処分される運命です。

私はそれをわかっています。
私はそれをきちんと理解しています。
私は処分される日がいつなのかも知っています。

でも、わかってても、全ての子を助ける事が出来ません。
無力な私はここを訪れた時点でどの子を自分が保護するのか?
どの子がセンターから譲渡される可能性が高いのか?
考えて決めなければいけません。
私がこの子を保護する。
と、決めた裏では必ず私が見捨てなければいけない命があるのです。

『センターを訪れて保護して自分の家で一緒に暮らして里親へ引き渡す』

この事を人は 「凄いね。偉いね。」 と言います。
でも凄い事でも偉い事でもありません。

保護した裏ではこの何倍もの命を見捨てているから。
処分される命を知ってて何も出来ないから。
泣き叫ぶ子達の声を振り払い、センターを出なくてはいけないから。


昨日もセンターを出た後、怒りや悲しみや情けない気持ちが入り混じり大声で泣きました。
そんな自分がイヤになり更に泣きました。


これを読んでいる皆さん。
どうか知ってください。
皆さんの隣に居る犬や猫も決して例外ではありません。
もしその子が皆さんのお家の子じゃなかったら?
簡単に命を捨ててしまう様な人間の家で飼われていたら?
その子の親や子や兄弟は?

一つでも運命が違っていたら、皆さんの隣に居る愛しい子達も私がセンターで見てきた子達と同じ運命になっていたかもしれません。


20071026-1.jpg



この写真はきなこがセンターに収容された直後の写真です。
この写真を見た限りでは、ごはんをきちんと食べていたであろう事がわかります。
毛艶も良くて、ある程度の世話をされていたであろう事がわかります。
なのに、きなこはセンターに収容されて明日をも知れない運命になりました。
今は元気で幸せいっぱいで、新しいスタートラインに立っています。


20071026-2.jpg



ごんたは9年前にある会社の駐車場で産まれました。
母犬は他にも何頭かの子犬を産みました。
ごんたの父犬、母犬は野良犬でした。
野良犬がある会社の駐車場に住み着き、そこを寝床にしていました。
当然世話をしてくれる人は居ません。
その会社の人達がたまにごはんをあげていたそうです。
そして子犬が産まれました。
その内の1頭がごんたです。
ごんたは他の子犬に比べて成長が遅くて、動きも鈍くて、怖がりで、おおよそ可愛いと呼べる子じゃなかったそうです。
だから誰にも相手にされずにいつも1頭だけで駐車場の隅にうずくまっていたそうです。
他の子犬はあちこち動き回るので、捕まえる事が出来ずにいました。
だからごんたを連れてきた男は近くに居て動かないごんたを拾ってきました。
しかし足が悪くて動けなかった事に気づいた男はごんたを又捨てようとしました。
でも当時私が勤めていた会社の人達のおかげで助ける事が出来ました。
そして今があります。


20071026-3.jpg



あずきは、こうちゃんがショップで一目ぼれしました。
本当に偶然訪れたショップに居たのがあずきです。
あずきはお金を出して買ってきた子です。
でもお金を出したから愛しい訳ではありません。


20071026-4.jpg



つくねは今年の2月にボランティア仲間の自宅に放棄されました。
その辺に放すのではなく、保護活動をしている仲間の家に放棄されました。
これは明らかな確信犯です。
でも、もしその辺に放棄されていたら、つくねは私の手元に居なかった事でしょう。


皆何か一つでもきっかけが違えば別の運命を辿っていた事でしょう。
だからこそ、この子達もセンターに収容されている子達と何の変わりもないのです。
同じ命です。同じ運命を辿っていたかもしれない命です。
皆さんの隣に居る子達と同じ命なんです。。。


それでは皆さん又明日お会いしましょう猫(足)























ニックネーム みぞ at 12:58| Comment(8) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする