2008年01月23日

お散歩に行けない理由とは?

皆さんこんにちはるんるん

今日はどうやら雪雪が降るみたいですねあせあせ(飛び散る汗)
でも千葉県は朝からずっと雨雨が降っていますたらーっ(汗)
おそらくこのまま雪は降らないと思うのですがGood
降ったら雪遊びが出来て楽しいのですが、やはりちょっと困るので降らない方がいいなぁ顔(汗)


今日は我が家の4わんずとは関係無いお話をしようかと思います。

昨日はみぞ家の住む辺りの燃えるごみの日でした。
ゴミを捨てに行った時に少し離れた家の40歳代の主婦と会いました。
ご近所さんで親しくはありませんがお互い顔見知りです。
朝のご挨拶を済ませました。
するとそこへ一人の男性が犬の散歩帰りでこちらに向かって歩いてきました。
みぞはこの男性と会うとよく話をするので、男性に挨拶をしてからその男性が連れている柴犬とも挨拶しました。
その間にこの男性と40歳代の主婦が話をしています。

男性  「やまとはだいぶ落ち着いてきましたよ」
主婦  「そうですか。それは良かったです」
男性  「お散歩も大好きでいっぱい歩きますよ」
主婦  「歩くけど私の言う事聞きませんからね。では私仕事に行きますからこれで・・・」

主婦は足早に立ち去っていきました。
『やまと』 というのはこの柴犬の名前です。
この柴犬はこの会話の間、ずっとみぞとじゃれて遊んでいました。
みぞは遊びながらもこの二人の会話はきちんと聞いていました。
そしてみぞは男性に言いました。

みぞ  「あの態度は無いですよね。失礼にもほどがある」
男性  「最初からあんな態度だよ。最初からまともに言葉を交わした事なんて無いから」
みぞ  「やまとだって全然見向きもしないですね。一応飼い主なのに」
男性  「世話されてないんだから当たり前さ」

実はお散歩をしている男性はやまとの飼い主では無くご近所に住む男性です。
やまとはこの40歳代の主婦の家庭の犬です。

では何故やまとのお散歩をこの男性が行っているかと言うと・・・
理由は簡単です。
飼育放棄です。
この家庭では餌は朝晩あげていました。
でもお散歩とかそういったことに関しては一切行いませんでした。
庭に繋がれっぱなしで、排便排尿もそのまま庭でしていました。
それを取ることもせずに、たまりにたまった便は悪臭を放ちご近所から苦情が出たそうです。
それでもこの家庭は庭に出て便を取る事すらしませんでした。
見かねた隣家の住人がこの男性に相談したそうです。
今から8ヶ月前の事です。

この男性は以前一度お話をさせて頂いた事がある男性です。 (参照記事
もう30年も前からこの男性は地域猫の世話や近所に捨てられた犬を保護していました。
だから近所では動物好きで有名だったそうです。
その事を知っていた隣家の住人がこの男性に 
「犬の飼い方を教えてあげて欲しい」 
と、お願いに来そうです。
男性はその日の夜にやまとの家を訪れました。
でも忙しいからお散歩に行く暇は無いの一点張りで、聞く耳を持たなかったそうです。
男性は 「どうしても散歩が出来ないならしばらくの間は自分がお散歩してやるから」
と言いました。
主婦は 「勝手にどうぞ」 と言ったそうです。

ちなみにこの主婦の家庭は 夫・妻・娘・娘 の4人家族です。
夫婦は共に40歳代、長女は高校生、次女は中学生です。
この家族構成で、本当に誰もお散歩へ行く事が出来ないのか?
そんなはずはありません。
だってやまとが仔犬の頃は家族揃ってお散歩へ行っているのをよく見かけました。
今から3年も前の事ですが・・・
『大きくなった犬は可愛くないから世話をしなくなった』
この典型的なパターンです。
そう考えるとそれからの約2年はやまとは庭でほとんど繋がれっぱなしの状態だったと考えられます。

みぞはこの男性と知り合った昨年の6月にこの話を聞いていたので、男性がお散歩出来ない日は
「私が代わりに行きますよ。それで人なれした頃に里親募集をした方が良いのでは?」
と言いました。
でもその頃のやまとはとにかく手のつけられない犬でした。
男性は何度噛まれたかわからないほど、体中のあちこちを噛まれたそうです。
男性は 「時期がきたら考えるけど無理だと思うんだよね」
と、繰り返していました。

でも昨日のやまとの様子ではこの男性に対してはだいぶ慣れ親しんでいるように感じたので再度、「里親を募集したら?」 と提案しました。
「知人の間で飼ってくれそうな人を探してるけど中々ね。なんせ俺とあんた以外には偉く凶暴だから」
男性は言いました。
確かにそうかもしれません。
やまとは男性とみぞには尻尾フリフリで挨拶してくれるけど他の人には全く関心を示さないか、牙を剥いて猛烈にガウガウするんです。
やまとは以前 『野次犬たち』 に出てきた柴犬の片割れです。
やまとが興奮した時の恐ろしさはご近所でも有名な程ですから。。。
「もしあの家がやまとを手放すと言ったら家で飼おうと思ってるから。でも何故か手放すとは言わないんだよ」
男性は言いました。
この主婦の家庭は世話を全くしないのに、何故手放す事すらしないのか?
何度考えてみてもみぞにはその答えが見つかりません。。。
何故なんでしょうね?


随分と長い記事になってしまいましたね。
ここらで我が家の4わんずをご覧頂き癒しを感じてください。
本日の写真は以前携帯で撮ったものです。


20080123-1.jpg


微妙に笑った顔が 『笑ゥせぇるすまん』 の喪黒福造に似てませんか?
(↑ えっ?喪黒福造知らない?そんなお若い方はご両親に聞いてね)


20080123-2.jpg
 

ごんたを正面からとらえた貴重なショット。


20080123-3.jpg


みぞに怒られてふてくされるつくね。


20080123-4.jpg


何かの表紙に出てきそうなわさびのイケてる写真。
(↑ はい、親バカでました)


癒されました?別にいつもの写真では?とか思っちゃました?
まぁ、確かにそうですが。。。

そんな訳で本日はこの辺で。。。


それでは皆さん又明日お会いしましょう猫(足)





ニックネーム みぞ at 13:18| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする