2008年02月06日

動物保護指導センター C

皆さんこんにちはるんるん

実は一昨日の月曜日から又も出張で居なかった夫 (こうちゃん) exclamation×2
みぞはこうちゃんが居なくても特に困りませんがあずきは困る犬(泣)
困ると言うよりも寂しくて仕方ないのですバッド(下向き矢印)
昨夜もいつ帰ってくるのかな?と、玄関を行ったり来たりあせあせ(飛び散る汗)
夜には帰るからそれまで待ってようね、あずき犬(笑)


先週の金曜日に 『動物保護指導センター』 へ行ってきました。
今は子犬が多く収容されています。
飼い主による持ち込みだったり、生まれてしまった子犬に困った飼い主が空き地等に放棄した様で、近所からの通報が有り職員が捕獲してきたり、野良犬(?)の子だったり。。。
理由は様々です。

子犬の収容に特徴的なのが、1頭では無く何頭も一気に収容される事です。
要するに母犬は子犬を何頭か産みます。
その母犬が飼い犬だった場合でも、飼い主は大して何も思わずにセンターへ持ち込みます。
あるいはこんなに何頭もセンターへ連れて行けないと判断した飼い主は人目に触れない夜に空き地等に放棄します。
通報を受けたセンター職員は捕獲に向かいますが、最初の通報は大抵が
「子犬が2、3頭捨てられている」 
そんな感じで通報が有るそうです。
しかしセンター職員が捕獲に向かって、辺りいったいを見て回ると続々と子犬が出てくる。。。
そんな感じで大抵は5頭以上は捕獲されます。
しかも2ヶ月位の子がほとんどです。
母犬の姿がどこにも見当たらない様子だと、子犬だけを一斉放棄した身勝手な飼い主の仕業だと予測されます。

私が行っているセンターでは犬の譲渡に特徴的な現象が起こります。
譲渡希望で訪れる方々は、大抵の方が♂を欲しがります。
♂の犬ばかりが希望されます。
その理由は簡単です。
♀だと子犬を産んだり、そうならない為には避妊手術をしなければいけないから。。。
そういった考えの人が多いという傾向が伺えます。
去勢手術・避妊手術に対する認識の低さを感じます。

今回私がセンターを訪れたのは子犬を引き出すつもりでした。
しかし、前日の電話でセンター職員が言いました。
「今居る子犬達は皆が譲渡対象犬なので期限はまだまだ先です。ですから出来れば成犬をお願いできないですか?」
成犬は何頭か収容されていました。
期限が一番迫っている子を。。。

センター職員との電話は昼間でした。
そして丁度この日の夜に、こうちゃんの知人から 
「○○犬が居たら是非お願いしたい」 
と、言われました。
その犬は純血種で犬種を指定されました。
私はこれは運命かもしれないと、その時に思いました。
何故なら今丁度その犬種が収容されているからです。
純血種は譲渡されやすいのですが、その子は全くお問い合わせも、飼い主の名乗り出もありませんでした。
センターで2週間以上待ちましたが、いよいよ期限が来る。。。
その子がまさに知人から指定された犬種でした。

その子の最終期限は今日です。
今日でした。
期限ギリギリの昨日いっぱいまで待って、他にお問い合わせや飼い主の名乗り出が無ければ私が引き出す。
そういう約束をセンター職員としました。
皆さんが今これを読まれている時にはその子は既に処分されている運命でした。
でもその命が繋がりました。
その子はすぐに我が家にやってきます。
明日を予定しています。


こうやって繋がる命があります。
でもそうではない命が山のようにあります。
成犬のほとんどは首輪をしています。
飼い主は何をしているのですか?
何日も戻らない自分の犬を捜そうとしないのは何故ですか?
いつか戻ってくる。
そんな風に考えないでください。
場所によっては収容されてから3日で処分されます。
3日です。
あまりにも早いです。
でも元はいい加減な飼い主が自分の犬を捜そうともしないのがいけないんです。
捜す手間を惜しんでいる内に、その子の命が失われています。
気づいてください。
そして知ってください。
そうやって失われる命が日本全国にどれほど溢れているかを。。。
目を向けてください。
機会があればセンターを訪れて犬達の叫びを聞いてください。
ガラス扉の向こうから叫ぶ犬達の命の声を聞いてください。
辛いです。悲しいです。
でも目を向けなければいけない現実がそこにあります。

『見たくない、聞きたくない、行きたくない』

そんな事を言っている余裕などありません。
それが今の現状です。


20080206-1.jpg


20080206-2.jpg


20080206-3.jpg


20080206-4.jpg



何か一つの運命が違えばこの子達も同じ運命を辿っていたかもしれません。
今の運命とは違って、心無い人に飼われていたら、同じ様にガラス扉の向こう側で叫んでいたかもしれません。。。


それでは皆さん又明日お会いしましょう猫(足)



ニックネーム みぞ at 08:29| Comment(18) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする