2008年05月17日

救われた尊い命

皆さんこんにちはるんるん

突然ですが。。。ごんたが臭いんです顔(汗)
香ばしい臭いがしてきました顔(え〜ん)
ごんたは体臭というものがほとんどない子なんですグッド(上向き矢印)
でもそのごんたが香ばしくなってきたとなると。。。
記憶を辿ると1ヶ月はシャンプーしていませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
道理で臭うはずだわ犬(泣)
後でシャンプーしなくちゃパンチ


今日はあるわんちゃんのお話をさせて頂こうと思います。

先日、みぞがいつもブログを拝見している 撫子まま様 からお願いしたいことがあるとのお話を頂きました。
北海道の かよ母さん様 が 
「千葉市に住んでいる人に、センターに居る犬の引き出し要請をお願いしたい」
と、仰っているとの事でした。
みぞはいつもかよ母さん様のブログも拝見させて頂いているのですぐにどの犬の事かわかりました。
千葉県で保護活動されている ボン様 の元からかよ母さん様の元へ2頭の犬が預けられていました。
そのブログのリンク先で1頭の犬が紹介されていました。 こちら です。 


20080517-1.jpg


♂のシニア世代の セッター です。
この子はとても穏やかな性格でみぞも何度かセンターで会っていました。
その度にとても従順にガラス扉の向こう側でお座りをしていました。
みぞはよほどセンターの職員が止めない限りはガラス扉の中に入りその子の状態を触って確認するようにしています。
最初に会った時に大型犬なので少し怖い気もしましたが、センター職員はどの人も口を揃えて  
「この子はとってもおとなしい穏やかな子だよ」
そう言っていたので、臭いを嗅がせてからそ〜っと撫でてみました。
とても静かに尻尾を振って撫でさせてくれました。
その後先日出席した 『しつけ教室』 の時も会いに行ったら相変わらずガラス扉の向こう側で穏やかな顔で静かにお座りしていました。
とてもいい子。
その言葉がぴったりはまる子です。
でも。。。
セッターは大型犬です。
しかも猟犬の性質を持つ大型犬です。
大型犬と暮らした経験の無いみぞにとってはその子を保護するという事には大きな大きな壁が立ちはだかっています。
何人か譲渡希望者が現れたそうですが、その大きさに驚きご縁には繋がりませんでした。

ところがこの子を救い出そうとする大きな力が動いていたんです。
ボン様がこの子を引き出せるように沢山の努力をされていました。
その力はやがて北海道のかよ母さん様の元へ繋がり、東京の撫子まま様の元へ繋がりました。
そして撫子まま様からみぞにお話を頂きました。
あの子が救われるならセンターへ行って引き出し手続きをする事くらい何の苦でもありません。
こんなに嬉しいことはありません。

ボン様 ⇒ かよ母さん様 ⇒ 撫子まま様 ⇒ みぞ

こうしてこの子の命を繋ぎたいという思いが一つになり、無事に昨日センターから引き出すことが出来ました。


20080517-2.jpg


20080517-3.jpg


久しぶりにお外に出たからなのか?
この子はとても震えていました。
足がガタガタ震えていて歩くのもままならないほどに。。。
でもボン様の優しい声を聞き、体を撫でられて少し安心したのか少しずつ歩き出しました。


20080517-4.jpg


ボン様の車に乗って幸せになるべくセンターをあとにしました。

『一つの命を救いたい』
その思いが色んな人の元へ届き、この子の命は救われました。
奇跡のように繋がった一つの尊い命。
これからはこちらの 『センターのガンドッグ』 のブログでその姿を見ることが出来ます。
これからこの子の幸せな姿を見るのがとても楽しみです。

センターの暗く四角く冷たい部屋で震えていた子はこうして光に向かって歩き始めました。
本当のご家族に巡り合うために。。。


それでは皆さん又明日お会いしましょうぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)









ニックネーム みぞ at 11:57| Comment(16) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする