2008年07月16日

笑顔を見たい

皆さんこんにちはるんるん

昨日、新人君の引き出しに行ってきました。
血便が止まらなくなったと言われていたので不安だったのですが。。。
一応、食欲と元気はあるみたいです。
収容施設を出てすぐに排便したのですが、やはりかなりの出血が見られました。
でも久しぶりに外に出られたからか?
センターの敷地を満足げに歩いていました。


20080716-1.jpg

ミニチュアダックス (ロングコート) 
シルバーダップル ・ ♂


彼が新人のダックス君です。
又してもダックスですね。
(小型犬で大変そうな子は我が家へお願いしようというセンターのイキな?計らいをヒシヒシとこの身に感じている今日この頃です。 ^^;)
こうしてみると毛がボサボサなだけに見えますが・・・


20080716-2.jpg


全体的に皮膚がかなり酷い状態です。
@の部分は一見すると普通に見えますが、ロングの毛のために隠れて見えません。
毛をめくるとあちこちが丸く脱毛しています。
Aの背中部分は毛が抜けていて何かの出来物でブツブツとしています。
Bの尻尾部分は一番酷いです。
全く毛がありません。
尻尾全体の毛が抜けていてかなりの年月が経っているようです。
今は落ち着きましたが、収容直後は目周りが赤く腫れあがっていました。


20080716-3.gif


写真では白光りしてわかりにくいですが、黄色いブツブツした出来物が体全体にあります。
ところどころ出血をしていて赤くただれています。
お腹の部分も酷い状態です。


20080716-4.jpg


耳も下半分に全く毛が生えていません。
何よりも耳の内側が酷いです。
ブツブツした出来物が腫れあがっていて耳全体が膨れています。
先生が 「この耳はかなり酷いね。こんな風になっている子は初めて見た」 と言っていました。

センター収容時から 『疥癬』 か 『アカラス』 では?
と言われていたのですが。。。
それにしてはそんなに痒がったりしないのです。
疥癬とアカラスは異常な痒みを伴います。
もしかしたら 『真菌』 の疑いもあるので検査中です。
(真菌の場合は痒みを発症するタイプと痒みを発症しないタイプがあります。)
もしくはアレルギー性、又は免疫性の病気が疑わしいです。
血便も止まりません。
先生と相談して何日か入院させる事にしました。

皮膚以外にも気になる事があります。
両足、肛門の真上にとても大きな腫れ物があります。
触るととても柔らかく 『脂肪腫』 のような感じです。
両足に出来ているために歩き方が不自然です。
肛門の上に出来ているのはかなり大きいです。

この子がすっかり健康体になるまでには時間がかかると思います。
早くこの子の笑顔が見たいです。
無表情です。
心も疲れきっているのでしょうね。
体も心もゆっくり確実に治療していきます。
この子の詳しい自己紹介は我が家に来てからにしようと思います。


それでは皆さん又明日お会いしましょう顔(イヒヒ)


〜 〜 〜 〜 〜  お 知 ら せ  〜 〜 〜 〜 〜

明日は外出するため、更新はお休みさせていただきます。






ニックネーム みぞ at 12:12| Comment(28) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする