2008年09月09日

幸せを願って

皆さんこんにちは顔(笑)

今日はご報告がありますexclamation×2
先日お伝えしたダックス君の事です犬(笑)
( 参照記事 )


このダックス君。。。
リヨンちゃんママが保護する方向で動いていましたが、事情が変わり保護の話は無くなりました。
実はこのダックス君は正式に今居る老人施設で暮らすことに決まりました。
リヨンちゃんママが熱心に施設の職員や元飼い主の母親に説得している姿を見て、入所されている方々が皆さんで話し合いをしたそうです。
ほとんどの方が施設の中でちゃんとした形でこのダックス君に居てもらいたいという希望があったのです。
看護師さん達の後押しもあって皆さんで施設長に掛け合ったところ。。。
施設長も同じように考えていたそうですが、自らの立場を考えればそんな事は自分から言えるはずもなく。。。
でも入所されている皆さんからそういった希望があれば施設内で一緒に暮らしたいと思っていたそうです。
元飼い主の母親も他の方々がこうして色々と考えている姿を目の当たりにして、病院代などの費用はきちんと出すと言っているそうです。
昼間は皆さんと一緒にロビー等で過ごして、夜は事務室の中のゲージで過ごすという事で決まりました。
(ゲージは既に用意してあります。)
事務室には24時間体制で看護師さんが居るので、寂しい思いは決してさせませんとリヨンちゃんママに言ったようです。
万が一何かあった場合には施設長が責任を持って病院に連れて行くと言っています。
施設内には広い芝生庭もあるので、看護師さんや皆さんと一緒に遊べます。

正直なところ不安な面もありますが、実はリヨンちゃんママはこの施設に週に3回ほど通っています。
お身内がこの施設に入所されているのです。
そのお身内の方も根っからの犬好きなのでダックス君が居る事をとても喜んでいるそうです。
リヨンちゃんママが言いました。
「施設内に入ってからは皆が可愛がってくれてあの子(ダックス君)も幸せそうなの。皆の笑顔も絶えないのよ。それを見てたらこういう形の幸せもあるのかなって思ったから無理に保護するのは止めたわ。私も週に何度か行くからこれからの様子もちゃんとわかるしね。何かあったら私もフォローするから」
リヨンちゃんママの目があれば何かあった時も大丈夫だと思います。
そう思いましたのでリヨンちゃんママの判断に賛成しました。

ただ一つどうしても気になることが。。。
元飼い主の思惑どおりになった事が引っ掛かります。
こんな風になっている事なんて考えもしないで変わらぬ日々を送っているのだと思うとやはり腹立たしいです。
私のその辺の気持ちを察してくれたのかリヨンちゃんママが 「その家族に会ったらきちんと話を付けるわよ」 そう言ってくれました。
ですのでそちらもお任せすることにしました。


20080909-1.jpg


20080909-2.jpg


20080909-3.jpg


20080909-4.jpg


これからのダックス君がこんな風に穏やかな毎日を送れますように。
その幸せを願っています。
この子は幸せを与えられたのかもしれませんが、実は施設の皆さんに幸せを与えているのでしょうね。
施設内に笑顔が増えたことが何よりも証明してるのかな?
そんな風に思いました。

色々とご心配してくださった皆様。
本当にありがとうございました。


それでは皆さん又明日お会いしましょう犬(笑)










ニックネーム みぞ at 00:40| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする