2008年01月30日

資格

皆さんこんにちは揺れるハート

昨日デビューしたばかりの期待の新人 『つっく〜&わっさ〜』 ですが、やはり強敵 『あ〜ず〜』 の前に敗北しましたバッド(下向き矢印)
人気は 『つっく〜&わっさ〜』 の方がダントツでしたが・・・
『あ〜ず〜』 の豪快さと歌声(唸り声)の前ではインパクトに欠けていたようだたらーっ(汗)
『つっく〜&わっさ〜』 は更なる修行を重ねて歌って踊れるユニットとして再デビューを果たそうと誓ったそうですパンチ
それまでは辛く長い道のりだが、頑張れ 『つっく〜&わっさ〜』 ぴかぴか(新しい)


今日は少し真面目なお話をしようと思います。
実は先日 『わさびなきぶん』 で 『安楽死』 と 『声帯手術』 について触れました。

この問題。
本当にとても難しいです。
先に言っておきますが、わさびが居たブリーダーのもとで行われていた 『安楽死』
これは安楽死でも何でもありません。
健康に問題も無くまだまだ若い犬を 『必要なくなった』 という理由だけで薬殺する事を 『安楽死』 とは言いません。
ただの虐殺です。


安楽死については人それぞれの考え方があるのだと思います。

『病気などでこれ以上苦しい思いをさせる事が出来ない ・ 少しでも楽になるのであれば』

こういった場合のみに選択される事だと私は思っています。
その時には飼い主さんは悩みに悩んで辛い思いをされるのだと思います。
そうやって悩んだ場合にのみ 『安楽死』 を選択されるべき事だと思います。

実は先日動物病院でこんな事がありました。
老犬を介護されている年配のご夫婦が病院に来ておられました。
その奥様の手にはノートが握られていました。
その表紙には 『○○の介護日誌』 と書かれていました。
私は待合室で順番を待っている間、このご夫婦と先生の会話を何気なく聞いていました。
(掛かりつけの動物病院は待合室も診療室も小さいので大きな声で話していると聞こえてしまうのです。)
このご夫婦は長い期間、愛犬の介護をされているようでした。
愛犬の病状をとてもこと細かくそのノートに書かれているようでした。
時間も正確に書かれているようで、先生も 「とてもわかりやすいです」 と仰っていました。
どうやらそのご夫婦は愛犬を 『安楽死』 させるかどうかずっと悩んでいるようです。
悩んでいる間にもどんどん時間が過ぎていてかれこれ1ヶ月ほど経過しているようです。
このご夫婦の旦那様が声が大きくてとてもよく聞こえるのです。
大きな声で泣きながら話していました。

その日も決断できずに診察室を出てきました。
奥様は待合室に居た私を気遣い、「ごめんなさいね、気分悪くさせたかしら?」 と声をかけてくれました。
「いいえ」 私はその一言しか言えませんでした。
その時、私の手の中にはわさびが居ました。
この 『安楽死』 という言葉に敏感に反応してしまった私はちょっと涙ぐんでいたので。。。

安楽死とはそうやって選択されるべきものだと思いました。
なのにわさびと一緒に居た子達は虐殺されていました。
『薬殺だから苦しい思いをしないですむから』 
そんな簡単な理由で薬殺させられました。
何の問題もなく健康で若くてこれからたくさんの時間を生きていけた子達を。
そんな事を考えていたら涙ぐんでいたみたいです。

このご夫婦が帰った後に先生が、
「犬を飼うという事は命に責任を持つという事。必死に考えて辛い思いをして当然の事なんだよね。それを勘違いしている人が多いよね。そんな人には資格が無いよね。だからわさび君が居たようなブリーダーが存在してるんだよね。」
ボソっとそう言っていました。

私は 『安楽死』 というものを否定も肯定もしません。
何故ならどちらがいいなんて事は一概には言えないからです。
もし自分の子が長いこと苦しんで苦しんで苦しんでいる姿を目の当たりにしたら。。。
その時になってみないとわからないからです。

私は以前ごんたが死線を彷徨った時、どんな事をしてでも助けてくださいとお願いしました。
生きる可能性が少しでもあるならば、治療を続けていって欲しいとお願いしました。
でもあの時にごんたが苦しんでいる状態がもっと長引いていたらと考えると、この 『安楽死』 が頭をよぎったかもしれません。
今はそんな事思わないで良かったとはっきり言えます。
だってごんたは毎日元気に生きていますから。

選択するのかしないのか?
悩んで考えて苦しい思いをすると思います。
でもそういった考え方を出来る人にしか、命を預かる資格は無いのだと思います。
私はそう思います。

皆さんはどうお考えですか?


20080130-1.jpg


20080130-2.jpg


20080130-3.jpg


20080130-4.jpg



それでは皆さん又明日お会いしましょう猫(足)













ニックネーム みぞ at 12:53| Comment(20) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
老犬の介護をされているその御夫婦は
本当にそのワンちゃんを大切に可愛がってこれれたんでしょうね。
ご心情を想うと胸が熱くなります。
少しでも長く一緒に過ごしたいと願う気持ちと
苦しそうな姿を看ている辛さ、悲しさ。
介護が長くなるとより強い想いにかられると思います。

『安楽死』…本当に難しい問題だと思います。
飼い主さんが選択することが全てになってしまう。

ちょうど一年程前ですが私の大切な仔は
2週間足らずで旅立ってしまいました。
段々弱っていく姿、酸素ハウスの中で過ごし
後半は…もう動かない後ろ脚を引きずりながら
前足のみで何十分もかけてトイレをしようと布団から出てきました。
この姿を見た瞬間、正直この先に更にどんな姿が
私を待っているんだろうと恐ろしくてたまらなくなりました。
でも…“生きよう”“生きたい”といっている!
こんなにこの仔は頑張ってるんだから!
私はこの仔のママなんだから絶対に負けない!

来月一周忌を迎えます。
もっともっと一緒に過ごしたかったけど
お迎えがきて旅立つ最期まで一緒にいれてよかったと想っています。
私事で長くなってすみません。
気分を害された方がいらっしゃいましたらすみません。

Posted by たかぽん at 2008年01月30日 15:30
安楽死の判断って本当に難しいですね。
みぞさんがお会いしたそのご夫婦、立派ですね。
もし、またお会いしたときにまだ決めかねていらっしゃるようでしたら
「わんちゃんに、今までありがとう。もう頑張らなくていいんだよ」って話しかけてあげるように教えてあげてください。

きっと、わんちゃんは気が楽になって、自然に虹の橋を渡っていくと思います。

実は、実家の子がそうだったんです。
病院でやんわりと安楽死を勧められてからも、1日2回のトイレ散歩に最後の力を振り絞ってでも出かけてたその子を病院へ連れて行って
死なせてしまうなんて私には考えられず、ずっと「頑張ろうね」って応援し続けてたのですが、ある日「もしかして、私が頑張れって言ってるからいけないんじゃ?」
と、思い「もう充分頑張ってくれたから、もういいよ、ありがとう。また生まれ変わったときに会おうね。絶対また帰ってきてね」って話しかけたんです。
その翌朝、彼は虹の橋を渡りました。
もっと早く「ありがとう」って言ってあげてたらあの子の苦しみは短く済んだのかも・・・今でも悔やむときがあります。

そう。
安楽死って、こうして自分の家族としてペットを愛して育ててきた人が、悩んだ末に決断を下す、最後の最後の最終手段でしか無いと思うんです。
それを、もうこの子は繁殖犬として役に立たないからと言う安易な理由で利用して欲しくないです。
そのブリーダーが利用してる病院もおかしいんじゃないんですか?
命を軽視してお金儲けの道具としてしか扱えない奴らに(あえて、人たちとは言いません!)、ブリーダーとして新しい命を作り出す資格があるのでしょうか?
獣医と名乗る資格があるのでしょうか?
Posted by うなぎママ at 2008年01月30日 17:08
( ̄へ ̄|||) ウーム
何度もコメントを書いては消して
考えました。

自分だけは
普通の感覚を鈍らせないように
努力したいと思います。
Posted by Migeル at 2008年01月30日 19:01
お別れを経験したことのない私が、実際にはこれからどうなるのか、わかりません
今 やらないで済ませていることもきっとたくさんあります
有言実行出来るように頑張ります。

一般にペットと呼ばれる形でのワンコと暮らすことを選択した以上
最期のお別れをどう迎えるかということも飼い主さんの選択であり、どんな決断、結果にせよ、苦しみや悲しい想いを避けて通ることは出来ないのだろうと思います。

年配のご夫妻の決断が1ヶ月係っていることが 長い、とか、早い、ではなく、それでよかったのか、でもなく、その人にしかできない別れであってほしいと思います
その子と飼い主さんだけが解る選択、結果でよいのでは。
もちろん、きちんと診断できる獣医さんの専門知識・見解を聞くことは大事だと思います

苦しがっているのをそのままにしていて虐待だ、安楽死を早々選択した人は自分勝手だ、などという人もあるかもしれません

でも、ペットという存在自体がそもそもそうではありませんか
それならば、どう始めたかより、どう過ごしてきたか暮らしたか 
体の痛みが取り除けないものならば 選択の痛みは飼い主さんが負う 
そしてどんな想いで最期を迎え見送ったか 外の人には解らないそんな気持を持った飼い主さんであって欲しいと思います
Posted by aru.willまま at 2008年01月30日 21:08
本当に難しい問題です
そのご夫婦が安楽死を選んだとしても
誰も責められないのでは・・・

風ちゃんが10分おきの痙攣を繰り返していたとき、先生が「この痙攣を抑える注射がありますがそうするともう意識は二度と戻りませんよ」と言いました
「先生、どうしたって風ちゃんは死ぬんですか?」
「もう心臓がもたないでしょう」
結局私たちは注射をお願いしました
痙攣はおさまりました
静かに眠っているようでした
痙攣の発作を見ているのがつらかった
私たちのための処置だったのか
いまでも、自問自答するときがあります

半日後、大きく息を吸い込んだと思ったら
逝ってしまいました
 
処置をするのは獣医さんですが選択するのは飼い主です
悩んで、苦しんでそして選択しなくてはなりません
命の責任をもつということです




Posted by 撫子まま at 2008年01月30日 21:49
 わさびちゃんやCOCOが薬殺される寸前だったなんて、今でも信じられません。そんな事になったら大変だと思い、COCOと出会う事になったわけですが、そんな地獄があるなんて、信じられない現実です。人間の場合は尊厳死という難しい問題となりますが、やはり、実際に直面しないとなんとも、言えません。しかし、私の場合は、命ある限り、最期の最期まで、一緒に居たいです。居なくなるという現実は受け止められません。しかし、安楽死という選択肢は
愛情をたっぷりかけてきて、深い愛情を注いでいる方にのみ許される選択肢ですよね。
Posted by joyjoy at 2008年01月30日 21:56
私はロビンを我家へ迎え入れた時に、命重大さに
後悔の念をいだいたこともありました。
軽く育犬ノイローゼとでもいうか。

これから10年以上は一緒に暮らすのに、ホントに
大丈夫なんだろうか?と不安に思うことも何度もありました。

でも、そんな不安はロビンが成長するにつれ、
やっぱり飼ってよかったexclamationという
喜びの方が大きくなってきました。
今ではロビンなしの生活は考えられないです。
この子がいなくなったら。。と思うだけで涙が
でてきます。

それなのに、世の中には『必要なくなった』という
理由で殺されてしまう犬もたくさんいるんですね顔(泣)

ホントに、みぞさんの日記に出会えてよかったです。
ロビンに対しても、そういったワンコに対しても
たくさん色々考えさせられます。
Posted by あきんこ at 2008年01月31日 00:19
以前テレビで6歳のボーダーコリーの発病から
安楽死を決断するまでの飼い主さんの番組を見たことがあります。
最後注射を打たれるとき、わんちゃんの目から涙が・・・。
今まで一緒だったママとの別れがわんちゃんなりに
わかったように見えました。
そのわんちゃんのママさんは
「もちろん別れは辛いけど、この子がもう苦しまなくてすむなら・・・」と
決断した理由を述べていました。

年配のご夫婦が悩むのもごもっともだと思います。
長年一緒に過ごしてきた家族ですから・・・。
別れは辛いです。でも家族が苦しんでいる姿を見ているのはもっと辛い。
そう思うと気持ちが揺れ動くのだと思います。

言葉がうまくないですが、
最期をどうむかえるか、悩み・苦しむこと
それは愛しいわが子への最高の愛情表現だと
思います。
Posted by 小雪 at 2008年01月31日 10:55
> たかぽん 様

そうでしたか。
辛いことを思い出させてしまいましたね。
犬自身が生きようとしている間は自分もがんばろう。
でもこんな状況をずっと診ていられるか?
相当な葛藤があったでしょうね。
たくさん涙を流されたと思います。
2週間、たかぽん様のわんちゃんは闘ったんですね。
その姿を見ていたたかぽん様も一緒に闘ったんですね。
たかぽん様の強さと素晴らしさ、尊敬します。
来月で一周忌。
私も一緒にご冥福を祈らせてください。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 12:37
> うなぎママ 様

実家のわんちゃん。
とても愛されていたんですね。
うなぎママ様のお人柄からもよくわかります。
最期まで一緒の時間を過ごせて、大好きな人のそばで逝く事が出来て、幸せな犬生だったと思います。
うなぎママ様の一言で最期の時を迎えたわんちゃん。
やはり犬は人の感情をわかるのだと思います。

その子達に対してこれほどまでに酷い事が出来るブリーダーと獣医。
子供の頃はそんな事思ってもいなかっただろうに。
いつからそんな人間に成り果てたのか。。。
悲しいですね。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 13:06
> Migeル 様

普通の感覚。
そうですよね。それが一番大切だと思います。
でも近頃は何が普通で何が普通じゃないのかわからなくなってきました。
その境目があやふやですよね。
何が良い事で何が悪い事なのか。
Migeルさんの記事にも以前ありましたよね。
犯罪の軽視。
そういった人間社会の歪みが原因なんでしょうか?
Posted by みぞ at 2008年01月31日 13:11
> aru.willまま 様

この年配のご夫婦はとてもわんちゃんを大切に思っています。
でもどんなに思っていても最期の時は必ずやってきます。
その時をどう迎えるか?
どう迎えるべきなのか?
毎日考えているそうです。
「でもその時が確実に迫ってきている事が辛い、正直言うとすぐにでも眠るように逝って欲しい」 
そう言っていました。
「少しでも長く居たいけど、これ以上の苦痛を味あわせたくない。ひいては先生に安楽死処置をさせる事が何よりも心苦しい」
そう言っていました。
私もきっと同じ道を辿るでしょう。
でもその時が来るまで、精一杯幸せを築いていこうと思います。
そんな人間であり続けたいと思っています。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 13:26
明けましておめでとうをしたと思ったら、もう1月も終わり、早いですね。
安楽死、何が正しいと言うことは無いと思います。
少しでも長く生きて欲しいと思うはずですが、痛みから解放してあげたいとも思うはずです。
でも、必要がなくなったといっての安楽死、絶対許しません。
必要のない犬なんていないのですから・・・

私のブログのコメント欄に書きましたが、是非まるぽこ愛用のバス、プレゼントさせて下さい。
Posted by まるぽこの母 at 2008年01月31日 13:29
> 撫子まま 様

そうだったんですか。
風ちゃんはそんなに辛い思いをしていたんですね。
私だったらどうするか?
思いつきません。
そんなイメージが全く思い浮かびません。
でも最期の時は必ず来るんですよね。
そしてその後もあれでよかったのか?
考える日々が来るんですよね。

肉体が無くなっても、風ちゃんの魂を思い続けている撫子まま様の事をすごいと思います。
私もそんな人でありたいと思います。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 13:36
>  joyjoy  様

そうですね。
joyjoy様は今、特にそう感じるでしょうね。
日に日に元気になっていくCOCOちゃんを見てはその辛く苦しい過去を思い浮かべる。
きっとこれはずっと続く事だと思います。
でもだからこそ余計に愛しくてたまらない。
私もそうです。
これからもずっと最期の時まで同じ時間を過ごしたいと思います。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 13:41
> あきんこ 様

あきんこ様が感じた事は必ず誰しもが通る道だと思います。
そこでどういった選択をするのか?
それで人間の価値は決まるのだと思います。
そうやって悩んだ時に手放す人間が多いです。
悩みの対象物を自分の前から消してしまい解決を図ろうとする浅はかな人間。
消し去るのが他ならぬ命なのに。
そんな人間社会の犠牲になっている動物達が毎日何千頭も理不尽に命を奪われています。
たくさんの愛情の中で最期まで幸せに暮らす子も居れば、生まれた瞬間にいらない物として処分される命があります。
いつまで続くんでしょうかね?
終わりが来るんでしょうかね?
Posted by みぞ at 2008年01月31日 13:49
> 小雪 様

私も以前ごんたの時に言われた事があります。
「突然の発作などで苦しい決断をしなくてはいけない事が起こるかもしれません。今から頭に置いておいてください」
そういわれました。
私はぼんやりと 『安楽死』 の事を言ってるんだなぁ。。。
と思いました。
でもその時は決断に迫られること無く済みました。
これから先にどんな事が起こるかわかりません。
でもどんな時でも逃げずに考えようと思います。
考えて考えてその先にどんな結論が出るかわかりませんが、それが私の責任だから。
命を預かった私への責任だから。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 13:58
> まるぽこの母 様

何が正しい選択なのか?
誰にもよくわからないのだと思います。
全てはご家族が判断されること。
私はそう思います。
ご家族が悩んで悩んで決めた事が全てですから。

きゃ〜〜〜。
まるぽこの母様、何を言ってるんですかぁ〜。
そんな事したら、まるぽこの母様ファンに怒られますぅ〜。
ももママ様ともも姐さんに 「うちの卒業生から何奪い取ってんのよ」 とか言って怒られてしまいますから。
お気持ちで十分です。
お気持ちだけありがたく頂戴致しますから。
でも今度ビールご一緒しましょうね。
ガンガン飲んじゃいましょうよ。


Posted by みぞ at 2008年01月31日 14:11
安楽死…ですか。

私はかりんの時に考えました。
痛くて痛くてしかも回復が認められないときにはしなくちゃいけないと…

でもかりんは私たちが悩む間もなく
亡くなりました。

主人と、今度どの子かがそういうことに
なったら、迷わずに逝かせてあげようね、と話しました。
痛いのや辛いのはかわいそうです、それでも生かしておくのは人間のエゴだと…

でも、みぞさんも言っていた通り元気なコを殺すのは虐殺だと思います。
Posted by かりんまま at 2008年02月01日 00:08
>  かりんまま  様

目の前で我が子が成す術も無く苦しい思いをしていたら。。。
私もその時が来てみないとわからないと思います。
安楽死については安易に賛成・反対とは言えません。
でも最近は要らなくなったから、他に欲しい犬がいるから病院で安楽死させようという考えの人が多いです。
センターへ行くのはかわいそうだから苦しまずに。。。
バカか!!
そう思ってしまいます。
そういった人に限って次々と犬を変えて何の躾もせずに 「この犬はバカね」 と言います。
こんな考えの人がいつまで許されるんでしょうかね?
Posted by みぞ at 2008年02月01日 06:41