2008年01月31日

義務

皆さんこんにちはぴかぴか(新しい)

みぞ家の2階は朝からどったんばったんと大騒ぎですあせあせ(飛び散る汗)
でも我が家の4わんずが騒いでいる訳ではありませんGood
騒がしいのには理由があるんですexclamation×2
ちなみに新しい研修生が来た訳ではないですよ顔(イヒヒ)
それ以外の理由ですexclamation×2
もったいぶる訳では無いんですが明日の記事でお話しますねるんるん


昨日は犬の 『安楽死』 について触れました。
本日は犬の 『声帯手術』 について私が感じた事を書きたいと思います。

『声帯手術』 これは文字通り犬の声帯を手術して声を出なくするために行う手術の事を言います。
( 参照記事 )

私自身は犬の声帯手術は必要の無いものだと思っています。
わさびとリヨンちゃんに出会い、その声を聞いて余計にそう感じています。
それでもわさびは保護当初から比べるとだいぶ声が出ています。
しかしリヨンちゃんは全く出ません。
口は動いていますが、息を吐き出す音しか聞こえません。
声が出ないのに必死で吠えて何かを訴えている事があります。
声が出ないから中々自分の意思が伝わらない。
その姿を見ると本当に切なくなります。

犬が吠えるのには必ず理由があります。
まずはそこから考えるべきだと私は思います。

『近所から苦情が出たから手術しよう』。

簡単に決めないで欲しいと思います。
「悩んで決めたんだから。」
そう言う方が多いと思います。
でもそれでもやはり私は反対です。
 
『犬は自分の声が出ているかどうかなんてわからない。だから吠えて怒られるよりも声が出ないで怒られない方がストレスが少ない。』

以前そう言っている人に会った事があります。
又、以前里親募集した子に応募してきた方で

『番犬にならないから吠えないのは困ります。でもうるさいから吠えすぎるのも困ります。その犬は吠えますか?普通程度に吠える犬を探しています』

そういう方も居ました。
もちろん即座にお断りしましたけどね。
普通程度に吠える犬の意味が全くわかりませんでしたし、何よりも番をさせるために犬を飼うという考え方が嫌いですから。

犬を飼うという事は吠えるという事に対する悩みが生じるのは当然です。
そうならない為にも普段からのコミュニケーションを大切にして欲しいと願います。
でももしそれでも声帯手術を希望される方は、様々な病院に行き、様々な資料を集め、そして実際に手術された子に会ってみるべきだと思います。
その子の声を聞いてそれでも踏み切るかどうか。
たくさん悩んで欲しいと思います。


そしてもう一つ。
大切な事を。
『声帯手術』 はダメなのに 『去勢・避妊手術』 は許されるのか?
そう感じる方が居る事でしょう。
確かにそうですよね。
痛みを伴う手術という意味では犬にとっては同じことです。

私は 『声帯手術』 には反対ですが 『去勢・避妊手術』 には賛成です。
矛盾した考えだと感じる方も居るでしょう。
それでも 『去勢・避妊手術』 はします。

そのわんちゃんの子犬が欲しくて手術をしないお気持ちはわかります。
愛している子の子犬が欲しいと思われる方もたくさん居ると思います。
しかし命を誕生させるという事は生まれた子が最期の時を迎えるまで、責任を持つという事です。
「ただ何となく欲しい」
それだけで安易に決めないでください。

単に 「何か痛そうだからかわいそう」 というだけでは余計に辛い思いをさせる場合があります。
万が一わんちゃんが予期せぬ妊娠をしたら?
その全ての命に責任を持てますか?
私はそうやって捨てられた子犬をたくさん見てきました。
生後間もない状態で捨てられた命をたくさん見てきました。
まだ目も開いていないのに 「必要ない犬だから」 というだけで処分に持ち込まれた命をたくさん見てきました。

又、『去勢・避妊手術』 をする事で未然に防げる病気もあります。

そんな辛い事を繰り返さないためにも自分が預かった子には必ず 『去勢・避妊手術』 をさせます。
病気などで手術が出来ない場合を除いては・・・

事実わが子達の中でも、あずき&つくね&わさびは手術をしていますが、ごんたは手術をしていません。
ごんたは様々な病気の為に手術が出来ないからです。
でも実は今、その事がごんたの体に影響を及ぼしています。
ホルモンの分泌バランスが悪くてごんたの体調に悪い影響を与えています。
掛かりつけの先生が 
「去勢手術が出来れば少しは体調が安定するんだけど・・・」
そう言っていました。
だから今、思い切って手術に踏み切ろうか悩んでいます。
しかしそれに対するリスクが大きいのも事実です。
手術に踏み切るにはまだまだ血液上での問題もあります。
どうしたら良いのか悩み考えています。

命を預かるという事には悩み考える事が必ずついてきます。
それが命を預かる者に対して課される義務だと思います。
安易に決めないでください。
いっぱい悩んで考えて辛いことがあると思います。
それでも一緒に暮らしていて良かったと感じる魅力を犬はたくさん持っていると私は思います。


20080131-1..jpg


20080131-2..jpg


20080131-3..jpg


20080131-4.jpg



それでは皆さん又明日お会いしましょうHello





ニックネーム みぞ at 12:20| Comment(22) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日の安楽死、今日の声帯手術・避妊去勢の事といいすべて奥が深い事柄ですよね。

1年半位前でしたかね、声帯手術したであろうと思われるワンコを私、初めて見ました。
そのコはダックスだったと記憶してます。車の中で、カスレタ声で一生懸命鳴いてました。

みぞさんのおっしゃるとおり、無駄吠えってないんですよね。

ワンコの事を愛してるからいろいろ悩む・・・。

放棄してる人は悩まない(考えない)んでしょうね。




Posted by おり〜ぶ at 2008年01月31日 15:17
私も声帯手術は反対ですね。
私は以前一度だけ病院で声帯手術の相談に来ていた人に会った事があります。
でもその人は私が見る限りでは悩んで決断した感じではありませんでした。
とても簡単にうるさいから手術したい。
そんな感じでした。
その子もダックスでした。
飼い主としてやるべき事を何もせずに短絡的に考える人が多いですね。
Posted by りん at 2008年01月31日 16:06
声帯手術 二通りあるようです。
全く出ない。かすれた声がでる。
吠える理由を考えずに安易に手術。
生活にあった犬種を選ばずに、流行で購入。
なんで安易に犬を購入するんでしょうね。
ぬいぐるみとでも思っているのでしょうか。
去勢・避妊手術はかわいそうだからと思う人が多く、残念に思います。
私も無知のため、昔乳腺腫が出来てしまった子がいました。先日なくなった里親様の先住犬もそれが原因でなくなりました。
その里親様も知らなかったと話していました。そしてとってもそれを後悔していると。
手術の予約の前にあっという間に旅立っていってしまったと。悲しい現実でした。


Posted by yasuママ at 2008年01月31日 17:50
突然声が出なくなった時の驚きと悲しみは
どんなでしょうね
精神的にダメージを受けてしまう子もいるでしょう

わさび君もリヨンちゃんもそんな状態から頑張って
立ち直りつつあるのですね

人間をまた信頼してくれてありがとう
人間を許してくれてありがとう
Posted by 撫子まま at 2008年01月31日 21:58
> おり〜ぶ 様

本当に難しい問題だと思います。
動物は本来そのままで居た方がいいのだと思います。
しかし人間社会で生きていく中ではやはり守らねばいけないルールがあります。
犬に無理やり合わさせることが全ての解決法だとは思いません。
かといって人間が全て犬に合わせる訳にもいきません。
きっとそうやって一生明確な答えが出ない気がします。
でも放棄する人たちは悩むことなんて最初からしないんでしょうね。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 22:00
> りん 様

私も先日そういった方が病院に来ているのを見かけました。
でも掛かりつけの先生は基本的には安楽死も声帯手術もしない先生です。
飼い主が本当に考えて出した答えがその結果なら、状況によって応じる。
そういう考えの先生です。
飼い主が様々なら、獣医も様々ですよね。
短絡的な考えしか出来ない人が放棄をしたり、金の為だけに命を粗雑に扱うんでしょうね。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 22:06
不妊や去勢で避けられる病気があるのだから
手術してあげて欲しいですね。

"ぶりき"さんを飼うまで
全く、知りませんでしたが
躾の本にも犬の飼い方の本にも全く書かれていませんでした。

図書館にある殆どの犬の本は読んだと思いますが、書かれていませんでした。

アメリカの獣医さんのホームページで調べて頂いたところ
不妊手術による乳腺腫瘍の予防に効果的なのは
生後90日までの手術だそうです。

他の方に協力頂いたりして色々、調べたのでよかったら
みなさん見てくださいね^^

Migeのページです。
http://homepage.mac.com/migeru/pink/8.html
Posted by Migeル at 2008年01月31日 22:10
> yasuママ  様

全ての人が犬を飼う前にきちんと勉強していればこんなに放棄される犬も居ないんですよね。
可愛いだけで飼えるものではありませんよね。
だって命ですから。
人間だけが持ってるわけでは無い、尊い同じ命ですから。

先日乳腺腫で亡くなったわんちゃん。
最期は飼い主さんと同じ時を過ごせて幸せに逝けたのだと思います。
全ての子がそんな安らかな最期であって欲しいです。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 22:12
> 撫子まま 様

突然声が出なくなる。
そんな事が人間の身で起こったらどれほどの精神的苦痛か。。。
想像出来かねます。
それが犬になら許される。
やはりそれは納得が出来ません。
『犬は人間と違って頭が悪いからそんな細かい事まで理解できるはずが無い。吠えてうるさければ手術して当然だ。犬は声が出ない事に気づきもしないだろう。』
ネットで声帯手術について調べていたらこういった意見がありました。
お前が頭悪いわ。
思わずPC画面に突っ込んじゃいました。

Posted by みぞ at 2008年01月31日 22:23
> Migeル 様

先日ぶりきちゃんが手術しているから、余計にそう思いますよね。
私はあずきを避妊手術する時にしつこいくらい先生に色んな事を聞きました。
でも先生はイヤな顔せずに真摯に答えてくれました。
子供を生む事が出来なくなる。
それ以外にも病気を未然に防ぐ事が出来る。
そういった事を細かく教えてくれました。

Migeルさんの↑のページ。
明日の記事でリンクさせてください。
とてもわかりやすくて、参考になる方々がいっぱいおられると思いますので。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 22:29
避妊手術や去勢手術に関しては難しい問題ですね。うちのかかりつけの獣医さんからはあまり勧められませんでした。一歳以下の場合は避妊手術により、病気の予防につながるというデータだあるそうですが、それより大きい子は・・・。yasuママ様からも色々とアドバイスも受けていますので、COCOの為にベストな道を選んであげるつもりでいます。そんな訳で、うちは経過観察中です。今後の様子により考えていこうと思っています。とりあえず、明日は歯石(半分以上は家で、取れたような??)の除去です。口臭ともお別れHelloHelloになるとよいのですが・・・。
Posted by joyjoy at 2008年01月31日 22:38
>  joyjoy  様

獣医によって見解に違いがあります。
獣医さんも人間ですから、それぞれの考えがあって当然です。
ただCOCOちゃんは繁殖犬として今までを暮らしてきました。
ヒートの時に交配をしなかった事は一度も無いはずです。
あのブリーダーのもとから来たのでそれは間違いなく断言できます。
そういった子がヒートになった時に交配をしないとなると相当なストレスがかかります。
リヨンちゃんもそうでした。
かなりすごいストレスだったそうです。
我が家に来てからもまだ少し興奮状態でした。
ヒートが来てから1ヶ月が経過しているのに。
手術をしてからすごく落ち着きました。

明日歯石除去ですか。
口臭はかなり減りますよ。
わさびもリヨンちゃんもそうでした。
Posted by みぞ at 2008年01月31日 23:18
避妊、去勢手術は大賛成です。
素人が色々と掛け合わせたりして産ませていますが、はっきり言って嫌悪感大です。
外犬でも避妊をしなくて子供が生まれ、
スーパーの張り紙によく“可愛い子犬差し上げます”とあり、むかつきます。
また、不幸な外犬が増えてしまうから…

病気になりにくくなるよ、と言っても
“かわいそう”の理由で手術に踏み切れない。そんな勘違いの飼い主が多すぎますよね。
Posted by かりんまま at 2008年02月01日 00:15
同感です♪

福の声出ます! という事は 内式? しかもかなり前の opeではないかと・・・

ワン とは言えないけれど ク〜ンと高い声も ゴロゴロとのどを鳴らすような声も・・・

吠えるということを 悩む前に 飼い主として 犬が何故吠えるのか?を考えてあげた事があるのでしょうか?
きっと 安易に手術を決断するような飼い主は 犬とのコミュニケーションをうまくとることもせず 自分の接し方に疑問を持たないのではないか?と思います。

本来 ちゃんと信頼関係を築けていれば 必要最低限しか 吠えないですものね?

Posted by まろん&福ママ at 2008年02月01日 00:33
> かりんまま 様

そうですよね。
素人がお金の為だけに珍しい子を生み出す。
そのせいで色んなMIXが誕生して、色んなカラーが誕生して。
珍しくないと、人とは違う犬じゃないと。
そんな考えの人が多いから悪質ブリーダーが世にのさばって苦しい思いを強いられる犬が増えるんです。

病気を未然に防げる。
それならば避妊・去勢手術を。
私もそう思います。
犬を飼う。その前にまずは知る事から始めて欲しいと思います。
Posted by みぞ at 2008年02月01日 06:48
> まろん&福ママ  様

福ちゃんの声出るんですか?
良かった。
それならばまろん&福ママ様が仰ってるように口からアプローチする術式ですね。
完全には戻らないけど、福ちゃんの声が聞けてよかったです。
とても嬉しいです。

犬が吠える。
何か必ず原因があります。
外に何か異常を感じて吠える場合もあるし、寂しくて構って欲しくて吠える場合もあるし。。。
理由はそれぞれです。
その事を考えもしないでうるさいから手術。
命を預かる資格が無いです。

Posted by みぞ at 2008年02月01日 06:55
わさびくんの存在で初めて声帯手術と
いうものがあることを知りました。
そんなこと考えたこともないですから・・・。

SUGARは我が家に来て間もないころ
夜中に吠え続けたことがあります。
それと明け方から私達の顔を見るまで
吠え続けたことがあります。
近所迷惑になるなと考えたことはありますが、
だからと言って声帯を・・・なんて考えたこともありません。
そんなこと思いつかないです。

吠えるのは何か訴えたいことがあるサイン。
SUGARは私達になにか話しかけてる。
そうとらえてました。

そしていつの日か吠えなくなり、
夜はちゃんと寝てくれるようになりました。
朝も小雪が起きるまでは一切吠えません。
SUGARなりに理解してくれたと思っています。

言葉が交わせないならわかるように
教えてあげればいいんです。
多少時間がかかるかもしれません。
人間と犬が共存するってそういうことだと思います。。。

Posted by 小雪 at 2008年02月01日 10:49
最近、ちょっと気になることがあります。
いろいろな方のブログを見ていると、「うちの子に交配させたい」、と考えている方が多くて、また、それに対して、安易に「自分も・・・」というコメントがいっぱい入っていて、ブログを通して、妙な流行になってしまわないか心配です。
「プロ」といわれる人たちですら、きちんと管理できた交配できているとは限りませんし、最後、不幸な運命をたどる子も多いのに・・・
先天的な病気を持った子がふえないとも限りません。
素人の安易な交配が流行にならないことを祈っています。

P.S. すみません、リンクさせてください!
Posted by 雛のママ at 2008年02月01日 22:58
みぞさんのブログを読むまで、ワンコに対しての
ひどい仕打ちのことについて考えることってなかったように思います。
私自身もブログを始めたことによって、色々なことを学ぶことができて
本当によかったと思っています。

ドッグランで何頭か声のかすれた(というかほとんど出ていない)
わんちゃんにも会ったことがありますが、
そのときは声帯手術のことも知らなくて
『あの子、声がかすれてるなー』ぐらいにしか
思いませんでした。
でも、ここで声帯手術のことを知って、あの子達も
もしかして声帯手術をされていたのかな?と
考えるようになりました。

私はロビンを迎え入れるときから、去勢はしようと
思っていました。
初めてワンコを飼うあたしには何の知識もなく、まして交配だなんて
とても想像のつくことではなかったからです。
色々な本を読んで、去勢することのメリットも勉強しました。
勉強することによって、掛け合わせてはいけない
カラーがあることなども知りました。

安易な繁殖をしようとしている素人さんの存在が
ワンコを不幸にしている。。。
ワンコにはなんの罪もないのに。
可愛いからと安易な気持ちでワンコを飼う人はたくさんいると
思いますが、飼ったからには責任を持って飼って
もらいたいですね。
そういうことが出来ない人がたくさんいることにただただ驚くばかりです。
Posted by あきんこ at 2008年02月01日 23:55
> 小雪 様

どんな子でも必ず一時はそういう状況になります。
昼夜問わず吠え続けたり。。。
でもそこでその原因を考えもせずにいきなり声帯手術。
その考え方はまったくもっておかしい事だと思います。
誰でも気軽に犬を買う事が出来ます。
極端な話、飼育経験も無いのにたまたま立ち寄ったお店で何となく買っちゃった。
でもいざ飼ってみたら吠えるしおしっこしちゃうからもういらない。
そんな感じですよね。
たまに里親募集でも生後4ヶ月とかの純血種が出ている事があります。
『先月ショップで購入しましたがこれ以上飼い続ける事ができないので大切にしてくださる方にお譲りします』
一見するとその子の事を考えて募集しているかのように見えますが、単に世話していくのが面倒だから手放すだけです。
何にも考えないで、知識も無いのに衝動買いしただけの事です。
そんな人間が多すぎます。
Posted by みぞ at 2008年02月02日 12:43
> 雛のママ  様

そうなんですか?
そんな事が。。。
気づきませんでした。
愛しいわが子の子犬を望む気持ちはわかります。
誰だって一度はそう思うでしょうね。
でも雛のママ様が仰る様に交配するという事は本来、きちんとした知識がある人にしかしてはいけない事だと思います。
掛け合わせてはいけない同士があります。
うちの子とあそこの子は可愛いから交配させたら可愛い子が生まれるよね。
そんな考えで知識も無いのに交配させたらどんな事になるのか。。。
『先天的な病気を持った子がふえないとも限りません』
その通りです。
様々な疾患が多発しています。
そのせいであっという間に命を落とす子がこんなに多いのに。
素人の安易な交配。これほど恐ろしいものはありません。

リンクありがとうございます。
少しでも何かのお役に立てれば。。。
Posted by みぞ at 2008年02月02日 12:52
> あきんこ 様

そうですよね。
実際に声が出ない子に会っても、どうしたんだろう?としか思いませんよね。
まさかそれが手術されて声が出ない子だなんて思いもしませんよね。
私もわさびとリヨンちゃんに会うまで、こんな事が簡単に行われているなんて気づきもしませんでした。
出ない声を聞く事がこんなにも辛い事なんて思いもしませんでした。

ロビン君の去勢。私は賛成します。
ダックスの♂は高齢になると 『会陰ヘルニア』 にかかりやすいそうです。
この病気は犬種によってかかりやすい訳では無いそうです。
でも今何故かダックスの♂に増発しているそうです。
私は昨年12月に会陰ヘルニアにかかったダックスの♂をセンターで見ました。
本来は未去勢の高齢の♂に発症するものなのに、その子はどうみても1歳程度でした。
テニスボール位の大きさまで病状が進んでいました。
本当に辛そうでした。
(幸いその子は一般の方に譲渡されました)
センターの人も獣医の人も
「本来はダックスに限定された病気ではないのに、ダックスの♂にばかり多発しています。何か原因があるんですよね」
そう言っていました。
『会陰ヘルニア』 は去勢する事で100%ではありませんが未然に防げる病気です。
通常のヘルニアと違って認識度が低い病気です。
でも知る事で防げる病気はたくさんあります。
まずは知る事から始めて欲しいです。
 
↓ 『会陰ヘルニア』 について
http://channel.goo.ne.jp/pet/contents/cn_302.html
Posted by みぞ at 2008年02月02日 13:14