2008年06月20日

2008年6月19日。
昨日の15時頃、ひとつの尊い命が虹の橋を渡りました。
彼女の名前はマリリンです。

彼女はセンターに収容されました。 
とてもガリガリに痩せ細った姿で。。。
でもとても元気で人懐こい子でした。
その痩せ細った姿から誰もが彼女が妊娠しているとは気づきませんでした。
誰も彼女の妊娠に気づかぬまま、火曜日の夜中から水曜日の朝方にかけて、彼女はセンターの中で子犬を産みました。
水曜日の朝に職員が出勤すると、彼女は子犬を産んだまま力尽きて大量に出血して倒れ込んでいました。
彼女はそれでも子犬を大事そうに胸に抱いていたそうです。
残された力で子犬を胸元で暖めていたそうです。
職員が驚いて確認したところ、子犬はみな死産だったそうです。
既に命の灯火が消えた子犬を彼女は大事に抱えていたそうです。
職員が子犬を彼女から引き離しました。
でも彼女にはその子犬を取り返す力すら残っていませんでした。

そして昨日木曜日。。。
私は別件でセンターを訪れていました。
収容された子達を見ていると同行していたボラ仲間が心配そうに彼女を見つめていました。
倒れたまま身動きしない彼女。。。
すぐに扉の中に入り彼女の容態を確認しました。
手を触れた瞬間。
私は驚きました。
体験した事の無い冷たさ。
命ある犬の体温とは思えませんでした。
その体は驚くほど冷たかったのです。
そして彼女は目から涙を流していました。
子宮からの出血も確認できます。
私達は急いで彼女を引き出し、その足で病院に行きました。
病院に行くまでにボラ仲間が彼女に名前を付けました。
『マリリン』 という名を。。。


20080620-2..jpg



病院に着いたのは13時40分頃です。
休憩時間だったにも関わらず先生はすぐに診てくれました。
その場でできる限りの処置をしてくれました。
点滴を打った彼女はほんの少しですが顔を私達の方に動かしました。
『きっと助かる。動くことも出来なかった彼女が頭を動かしている』
そう思い、休憩時間中の病院なのでひとまず彼女を病院に預けて一度外に出ました。
午後の診療開始は15時です。
丁度その頃、彼女は力尽きました。
私達が再び訪れる直前に彼女は力尽きました。


20080620-3..jpg



私達が病院を出る前には自力で起き上がろうとしていたのに。。。
でも彼女は虹の橋を渡りました。

今でも彼女を抱きかかえた感触が残っています。
体つきはごんたと変わらないのに、彼女は10キロしかありませんでした。
本来なら15キロはあっていいはずの体長なのに。。。
でもその体は全身の力が抜けていたのでとても重たく感じられました。

センターへ行くのがもう少し早ければ彼女は助かったのだろうか?
もう少し早く先生に診てもらえれば彼女は助かったのだろうか?

私にはわからない。
わからないけど、彼女はもうこの世界には居ません。
せめて彼女を見送りたい。
今日、マリリンを火葬霊園へ連れて行きます。

ニックネーム みぞ at 00:32| Comment(38) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悲しいです。やせ細った体でやっと産んだ子達も亡くなってたなんて…。痛くて辛くて悲しくて涙を流してたのでしょう。苦しんでいてもセンターではどうしようもなかったのかな…みぞさんも辛かったでしょう。でもみぞさんに助けられたのをマリリンちゃん分かったんですね。
きっと天国ではご飯にも困らずに、子犬ちゃん達と幸せに暮らしていると思います。
Posted by ジュエル姉 at 2008年06月20日 02:52
みぞさん、辛かったですね。
そして亡くなってしまったマリリンちゃんも辛かったですね。
きっと今、子犬たちと引き離されずに
一緒にいられると思います。
天国で幸せになってくれますよ。
今度は大事にしてくれる家族が待ってるよ!!
今はゆっくり眠ってね。

アフガンの件、だりのとこでも載せますね!
Posted by だりりん at 2008年06月20日 03:45
辛いですね・・・。読んでいて涙が・・・。
助かったかどうか??・それは誰にもわからないことですが、死ぬ前にやさしい心に触れて旅立ったということだけは事実です。きっと感謝して天国に行きましたよ。そして死産した自分の子供達にも会えたでしょう・・・。
Posted by aba-aimechien at 2008年06月20日 07:30
電車の中で読んでいて、あやうく泣くところでした。
マリリンちゃんの強さに驚きました。
残念な結果になってしまいましたが、きっと赤ちゃんたちと
一緒に虹の橋を渡ったんでしょうね。

色々書きたいのですが、うまく言葉になりません。

そして、みぞさんの行動力には本当に頭が下がります。
Posted by あきんこ at 2008年06月20日 08:34
マリリンという素敵なお名前をありがとう
病院に連れて行ってくれてありがとう
ひとりぼっちにしないでくれてありがとう

マリリン、ごめんね
知らなくてごめんね
Posted by 撫子まま at 2008年06月20日 10:03
 本当に可愛そうで、涙が止まりません。
センターで不安をかかえての出産・・、残念ながら、死産。本人も力尽きて、他界。
 本当に可愛そうでたまりません。みぞ様のお陰で、最期の時をみぞ様達や、先生の愛を感じて虹の橋を渡れた事は最後の最後に命のともし火がふわっと燃えた事と思います。こんな可愛そうな犬生を送らなければならなかったなんて、本当に辛いです。せめてもの願いは先に虹の橋を渡った、子供達と再会して、走り回って欲しいです。
 人間はこれ以上人間の身勝手なエゴで、純粋な犬達を犠牲にしてはいけない!!痛感します。みぞ様のなさった事は本当に素晴らしく尊敬です。本当に素晴らしいです。これからはマリリンちゃんとチビちゃん達がみぞ様達の傍で、見守ってくれているかもしれませんね。ご冥福をお祈りしています。短い犬生だった事と思いますが、
最後にみぞ様達の優しさに触れて、暖かい気持ちで、旅立ってくれた事がせめてもの救いです。
Posted by joyjoy at 2008年06月20日 10:04
色んな思いが込み上げてきて涙が止まりません。
母親って本当に強いものなのですね!
生きて欲しかったです。。。
生きて亡くなってしまった赤ちゃん達の
ためにも生きて欲しかったです。。。
「マリリン」っという素敵な名前、とても
強くて優しくて。。。
忘れません、マリリンちゃんのこと。。。
Posted by 花・風の母 at 2008年06月20日 10:21
マリリンちゃん、精一杯の力で出産したんですね。
子どもたちを胸に抱いて、一生懸命守ろうとしていたんですね。
今は、子ども達と一緒に安らかに眠っているでしょう。
最後の最後だったけれど、マリリンちゃんと名前を付けてもらったこと、みぞさんやボランティア仲間の方の愛に包まれたこと、それだけでも彼女は幸せに虹の橋を渡って行ったんじゃないでしょうか。
私も、マリリンちゃんのこと忘れません。
Posted by かおる at 2008年06月20日 11:07
マリリンちゃん、頑張ったね、偉かったね。
そして、病院に連れて行って下さったみぞさん&お仲間さん、本当にありがとうございました。
Posted by まるぽこの母 at 2008年06月20日 11:39
辛いです…悲し過ぎます。今朝先代犬の仏壇に、お線香たいてマリリンちゃんの冥福を祈りました。   「仲良くするんだよ」と… 最後、みぞさん達の暖かい手と眼差しに触れて旅立てた事、本当に良かった…ありがとうございました。でも、そうではない子達が沢山いるのが現実だと思います。人に絶対許されない非道がワンコには許される…上手く言葉に出来ませんが、人の命だけが尊いのではないと、改めて強く思います。マリリンちゃん!頑張ったね。素晴らしいお母さんですよ。
Posted by MAYUママ at 2008年06月20日 12:28
 みぞ様、本当にお疲れ様です。職場で拝見しましたが、上司と二人、言葉が出ませんでした。私は勿論ですが、上司まで赤い目をしています。マリリンちゃん、きっとみぞ様達にパピーを見せたかったのかもしれないですね。あるいは、パピ子ちゃん達に太陽を見せてあげたかったのかもしれないです。母親の真の強さなんですね。みぞ様達から暖かくされて、それだけでも十分感謝しているのではないでしょうか。今頃、パピ子ちゃん達とゆっくりしているでしょう。空へ上る時、晴れてくれる事を願わずにはいられないです。
Posted by たこりん at 2008年06月20日 12:29
ご無沙汰しています、小雪です。

マリリンちゃん、ステキなお名前です。
みぞさんをはじめ、ボラ仲間のみなさんに引き出され、
病院へ行って懸命の処置をしていただいて・・・。
小雪自身、感謝してもしきれない気持ちでいっぱいです。
マリリンちゃんもきっと「ありがとう」と言ってる思います。

実は先日、小雪にも似たようなことがあったんです。
最近、ブログの更新が滞ってますが・・・。
書こうかどうか迷っていたんです。
事実、真実、現実を伝えることで保護活動の道が少しでも広がれば・・・
気持ちの整理をして記事にします。
みぞさんのこの日記はすごく大きな意味があると思います。

あと「ご相談」があるので一両日中にメールします。
お忙しいところごめんなさい。
Posted by 小雪 at 2008年06月20日 14:08
マリリンちゃん、最期までがんばったんですね。せっかく命を懸けて誕生させようとした命なのに、その願いも叶わなくって・・・。
こんな悲しいことが一日でも早くなくなってほしいと思います。
Posted by 雛のママ at 2008年06月20日 15:16
みぞママ……有難う…マリリンちゃんは残念な事でしたが…きっと天国で先に天使になってしまった我が子達にオッパイをいっぱいあげている事と思いますよ。感謝します。
Posted by コンノ家オオママ at 2008年06月20日 15:29
センターの中で子供を産んでしまう。
なんでそんなに不幸なことがあるのでしょう。
私も遭遇したことがあります。
生まれてすぐに処分されてしまいました。
マリリンちゃん、ごめんなさい。

私は画面の上でしか知らないから心が痛むだけかもしれないけど、みぞさんはぬくもりまで感じてしまったんだものね。
みぞさんの辛さを私も感じてしまいます。
あの、体の冷たさと重さ…
今でも私の心を締め付けます。
今日、お見送りされる。
みぞさん、ありがとう、私の分まで祈ってくださいね。
もう、こんなことが繰り返されませんように、私も祈っています。
Posted by かりんまま at 2008年06月20日 17:48
カリンママ様
このセンターは子犬が生まれたら、子犬が大きくなるまで置いておいてくれます。センターに行ってそのようなケースを何回か経験しました。そして,生まれた子犬と母犬を保護し、今、皆幸せになりました。
今回は保護予定のマリリンでしたが、その前に母子の保護が入っていて、遅れてしまいました。センターでは人知れず処分される子が沢山います。どの子を保護するかいつもぎりぎりの選択をしています。命の尊さは皆同じなのに。
Posted by しろ at 2008年06月20日 18:10
涙があふれて・・・(T_T)

マリリンちゃん・・・  よくがんばったね!

精一杯の力を振り絞っての出産。 今頃は虹の橋で子供達を抱きしめている事でしょう・・・

歯車がちょっと違っただけなの・・・

ごめんね ごめんね・・・  でも きっとあなたには わかってくれたかな? 一人じゃないって!
みぞさんたちに抱かれた温もりの中で 旅立ったのよね・・・

胸が詰まって 支離滅裂な言葉しか 浮かんできません。

マリリンちゃんと子供達のご冥福を ただただ祈ります・・・
Posted by まろん&福ママ at 2008年06月20日 21:19
言葉が浮かんできません。

マリリンちゃんは幸せだったと思います。
最後にみぞさんやボラさんのあったかみを感じて。。。
きっと天国で子犬達と幸せに暮らしていると思います
Posted by いちごミルク at 2008年06月20日 23:52
何と言っていいか言葉が浮かんできません。
ただただ涙が溢れてきます。

最後にマリリンちゃんって素敵な名前つけてもらってみぞさん達の暖かさにふれてよかったね。
今頃虹の橋の向こうで赤ちゃんにおっぱいあげてるのかな?
Posted by レーチェママ at 2008年06月21日 06:54
> ジュエル姉 様

マリリンはとても辛い思いをしました。
たくさんの涙を流していました。
痛かったのだと思います。
センター職員もそれなりに頑張ってくれました。
でもそれが限界でした。
もう少し早く彼女を病院で診てもらえたら助かったかもしれません。
今はその事を後悔しています。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:21
> だりりん 様

マリリンは土に還りました。
とても悔しいです。
彼女が子供達と一緒に天に召されることを願いたいです。
そして今度こそ幸せな犬生を。。。

アフガンちゃんの件、ありがとうございます。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:23
> aba-aimechien 様

命をかけて産んだ子がみな死産。。。
とても悲しかったでしょうね。
栄養が満足に行き渡らずにいたので産まれても生きる力が無かったのでしょうね。
今頃はみんなで元気に遊んでいるのでしょうか?
そう願わずにいられません。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:25
> あきんこ  様

マリリンはとても強いですね。
母としても生きる者としても。
最期まで必死で闘いました。
とても凄いことだと思います。
今はゆっくり静かに眠って欲しいです。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:27
>  撫子まま  様

センターの冷たいコンクリの上で息絶えるよりは良かったのでしょうか?
結局は助けられませんでした。
それが悔しいです。
抱き上げても身動き一つとれない彼女の体はとても重たかったです。
あれが命の重さなんですね。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:29
>  joyjoy  様

とても悲しい出来事です。
悔しくて悲しいです。
こんなに悔しい思いをしたのは久しぶりです。
ついさっきまで自分の手の中にあった命が消えました。
それがこんなに辛い事とは思いませんでした。
死んでもなお、その魂は気高いですね。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:31
>  花・風の母  様

強いですね。
母の思いは強いですね。
凄い強さだと思います。
その最期がこんな最期なんて。。。
あまりにも酷すぎだと思いました。
今度生まれてくる時には必ず幸せになってほしい。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:34
> かおる 様

どうか彼女ががんばった姿を忘れないであげてください。
時々何かの折に思い出してあげてください。
そしてそんな風に最期を迎える子が沢山居ることを知ってもらってください。
彼女は本当に頑張ったんです。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:36
> まるぽこの母 様

偉かったです。
とても強かったです。
今頃は先に逝ってしまった子達と会えているでしょうか?
そう願いたいですね。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:37
> MAYUママ  様

マリリンの為にお線香をあげてくれてありがとうございます。
冥福を祈ってくれてありがとうございます。
仰る通りで人間の命だけが尊いのではありません。
こうして理不尽な思いで死んでいく子があまりにも多すぎます。
辛いですね。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:40
> たこりん 様

あまりにも辛いことでした。
彼女はあんなにも頑張ったのにどうしようもないことってあるんですね。
彼女が天にのぼる時、小雨でした。
晴れてくれれば良かったのですが。
涙雨ですね。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:45
> 小雪 様

小雪さん、何かお辛いことがあったんですね。
私もここで記すことに抵抗が無かったとは言えません。
でもそれで少しでもこういう最期を迎える子の事を知ってもらえたら。
そう思っています。
何かあったらいつでもご連絡くださいね。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:49
> 雛のママ 様

せっかく自分の命をかけて産んだ子までも天に召されました。
あまりにも辛いですよね。
一日でも早くこんなことが無い社会に。。。
そう願います。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:50
> コンノ家オオママ  様

マリリンは自分の子達にお腹いっぱいミルクを飲ませてあげたいと思ったでしょうね。
何不自由なく幸せな犬生を。
そう思ったでしょうね。
でもその願いも叶わず。。。
今頃は仲良く一緒に寝てるでしょうか?
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:53
> かりんまま 様

メールありがとうございました。
マリリンはどうしてこんなにまで辛い最期を迎えなくてはいけなかったのか?
考えると本当に悔しいです。
命って重いですね。
改めてそう思いました。
何だか辛いことばかりですよね。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:56
>  しろ  様

いつもギリギリの選択。
本当にそうですね。
辛いことばかり続きますが、その中でも幸せになってくれた子が居るのは嬉しいです。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:57
> まろん&福ママ 様

マリリンのために泣いてくれてありがとうございます。
それだけでも彼女は幸せです。
泣いてくれる人が居る。
彼女の最期は辛いものでしたが、思いを寄せてくれる人が居る事は何事にも変え難いことです。
ありがとうございます。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 11:59
> いちごミルク 様

そうですね。
人知れず殺されていく子が山のように居る中、彼女はこんなにも沢山の人に思われて旅立ちました。
辛い最期でしたが、とても沢山のことを彼女に教わりました。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 12:01
> レーチェママ  様

きっと今頃は子供達にお腹いっぱいのミルクをあげて、みんなで仲良く寝てるのでしょうか?
そう願いたいですね。
彼女の最期は本当に凄いものでした。
私はずっと忘れないでしょう。
Posted by みぞ at 2008年06月21日 12:03