2008年06月21日

気高い亡骸

昨日、マリリンを火葬してきました。
そして今日の午後にそのお骨は共同墓地に埋葬されます。
彼女の最期の姿です。
見てあげてください。


20080621-1.jpg


見るのは辛いと言う方も居るかもしれません。
わざわざ見せる必要は無いと思う方も居るかもしれません。
でも彼女の最期の姿を見て欲しいのです。
彼女は最期の時まで必死で闘いました。
既に命の無い我が子を抱きしめて。


センターの職員もまさか彼女が子供を産むなんて想像も出来なかったでしょう。
だから彼女の姿を見た時は本当に驚いたと思います。
でもセンターではなんの処置も出来ません。
したくても処置する術が無いのです。
体温が下がった彼女の体を毛布でくるむ事しか出来ませんでした。
彼女一人だけを別部屋に寝かせてあげる事しか出来ませんでした。
それがセンターに出来る精一杯でした。
悲しいけれどこれが現実です。
センター職員にも心があります。
どんどん弱っていく彼女を見ているのはやはり辛かったと思います。
彼らもまた、闘ったのだと思います。
助けたいと思う自分達の気持ちと、守らねばいけない決められた規則と闘ったのだと思います。


マリリンの最期はとても辛いものでした。
その姿を公開するのは躊躇いました。
でもこれが私達人間が彼女にした仕打ちなんです。
本来なら大切に育てられ沢山愛されているはずの命なのに。
彼女を殺したのは紛れも無く人間です。
マリリンがどういった経緯で放浪して捕獲されたのかはわかりません。
最初は飼われていたのかもしれません。
最初から野良の子なのかもしれません。
正確な事は誰にもわかりません。
でもあの痩せ細った姿は少しの期間放浪していた訳ではありません。
長い期間食べることも満足に出来ずに放浪していたのです。
その間、誰一人の人間の目にも触れなかったとは思えません。
彼女の痩せ細った姿を見て何か感じた人間は居なかったのでしょうか?

彼女は人間に対しての警戒心はありませんでした。
むしろ人懐こい子でした。
最初から野良の子はあんな風にすぐに初対面の人間に懐いたりはしません。
それから考えるとおそらくは飼われていた時期があったはずです。
何故彼女を放棄したのですか?
何故彼女は放棄されなければいけなかったのですか?
全て人間がしたことです。
そしてそのせいで彼女の最期の時はこんなにも辛いものになったのです。

彼女の最期の姿はあなたに何を問いかけますか?
彼女の最期の姿はあなたに何を教えていますか?
彼女の気高い亡骸を見てあなたは何を思いますか?


20080621-2.jpg


マリリンのための祭壇です。


20080621-3.jpg


これからはこの場所で静かに眠ります。

どうか彼女の来世は幸せなものでありますように。。。
どうか人間の身勝手で殺された沢山の命が無事に天に召されますように。。。











ニックネーム みぞ at 10:48| Comment(22) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最期の姿見届けて、私は人懐こかったマリリンちゃんも喜んでると思います。天使に抱かれ天に召され…赤ちゃんと安らかな寝息をたてている…そう思います。「犬は絶対棄てないで。棄てる位なら食べちゃってください」そう言った獣医さんがいました。成犬♀の里親になりたくて探してるので、もしかしたら…マリリンちゃんと出会う事もあったかも…そんな事も感じてしまいます。心の中で「私の子」にさせてねマリリンちゃん!胸の中で大切にするね!
ずっと一緒だからね。
Posted by MAYUママ at 2008年06月21日 14:35
一緒に祈ります
そしてこれからも祈り続けます
そしていつか向こうで会いましょう
Posted by ごっつあん at 2008年06月21日 15:51
マリリンちゃん、穏やかに眠ってますね。とても高貴な眠りですね。会えてとても嬉しいです。自分だけの暖かい毛布と綺麗な花束と、みぞ様達やこのblogを読んだ人からの気持ちを持って、パピ子ちゃん達の元にいるんですね。これが毛布とお花なんだよって教えてるんでしょう。こんなに温かい人もいるんだよって。雨予報の今日はずの関東地方に青空が見えてるのは、マリリンちゃん親子からみぞ様へのお礼なのかもしれないです。
またまた職場で号泣でした・・・。
Posted by たこりん at 2008年06月21日 15:52
今頃は可愛い赤ちゃんを抱きしめているのかな。
しろさまのお話お聞きしてこちらのセンターは出産した母子を殺さないことを知りました。
素晴らしいことです。
同じ千葉でも待遇が色々違うんですね。
なぜ、他は出来ん!!!
もっと私たちに出来ることはないのでしょうか?
可哀相ね〜だけじゃなくて行動を起こさないと、と思いました。
冥福を祈りつつ考えていきたいと思います。
Posted by かりんまま at 2008年06月21日 17:22
下読んでいたら、涙が止まりませんでした。
自分の亡くなった子を大事に抱えていたなんて…
最後にみぞさんのような温かくてやさしい心に触れることができて、
嬉しかったと思います。

虹の橋の向こうで、子供達と幸せに暮らしていると思います。

マリリンちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
Posted by naoco at 2008年06月21日 19:10
マリリンの最期を思うと、さぞかし心細かった事と、可愛そうで辛くなります。
 こういう事が、なくなるように心から、願わずには居られません。来世は幸せに生まれて欲しいものです。これも人間の罪ですね。辛いです。みぞ様に感謝して、旅立った事と思います。本当にかわいそうでした。
Posted by joyjoy at 2008年06月21日 23:18
ただ純粋にひたむきに 生きる
最期まで生き続けたマリリンちゃんのお顔
とても、美しいですね

そんな単純な、そして難しい生き方に
私は ワンズを愛し 魅かれているのでは、と思います
大変お辛い経験になられましたが、
彼女の命の輝きに少しの時間でも触れられたことを喜んであげてください
短い時間でも 彼女には大きな喜びであったと思いたいです
 
Posted by aru.willまま at 2008年06月22日 02:33
残念な結果になってしまいましたが、皆さんがおっしゃって
いるように、最期だけどマリリンちゃんはみぞさんに出会えて
嬉しかったと思います。

こんなふうにお見送りしてもらって…


マリリンちゃんのご冥福を祈ります。
そして、こういうわんこがいなくなる世の中に
なって欲しいものです。
Posted by あきんこ at 2008年06月22日 08:25
金曜日の通勤中に読んでバスの中で半泣きでした。 コメしたくても何をどう言葉を選んだらわからなくなって出来ませんでした。 仕事中も頭からマリリンの事が頭から離れないでいました。 昨日も娘とふたりでブログをみました。 ももだって、マリリンと同じ運命をたどっていたかと思うとせつなくて。 何もかも人間の責任、私もそう思います。 犬、猫って知らないところでもかなり人間によって命を落としてますよね。 何か起こる度に色々と思うんだけど思うだけに何も行動できない自分がいます。 ブログを読んでいる皆さんが悲しい思いをするのだから、マリリンを目の前にしていたみぞさんの辛さを考えると本当に涙が止まりません。 最後の最後にマリリンはみぞさんによって幸せをかみしめながら虹の橋を渡ったと思います。 今はパピーちゃん達と幸せに暮らしているでしょう。 みぞさん、ご苦労様でした。 そして、ありがとうございました。
Posted by ももっち at 2008年06月22日 09:51
忘れないよ!
マリリンちゃんが 命を張って 人間に教えてくれた事! 私は忘れないよ!

せめてもの 償いとして 最後の瞬間 暖かな人間と巡り合え 火葬してもらい冥福を祈ってくれた みぞさんたちがいたことに きっとあなたの心は救われた事でしょう♪

私は、あなたの死を無駄にしないように 心に刻んで 生きていくね! 約束するよ♪

どうか 安らかに・・・☆ 
Posted by まろん&福ママ at 2008年06月22日 10:02
はじめまして。
まるぽこの母さまのブログで拝見して、マリリンちゃんのことを知りました。
みぞさんが、つらい気持ちをおして書いてくださったことで、私はマリリンちゃんのことを知りました。

本当に最期の瞬間でしたけれど、マリリンちゃんのことを思う人に見守られ、こんなに温かく送ってもらって、幸せな気持ちで虹の橋を子犬たちと一緒に渡ったと思います。思いたいです。

マリリンちゃんの犬生、みぞさんの気持ちが無駄にならないように・・・
マリリンちゃんのことを忘れない。

ご冥福をお祈りいたします。
Posted by Chiroおかん at 2008年06月22日 22:30
> MAYUママ  様

マリリンちゃんにはとても大切な事を教えられました。
出会うべくして出会ったのだと思います。
でも生きてて欲しかった。
生きて幸せになって欲しかった。
改めて彼女の強さを感じています。
最期のお顔が忘れられません。
Posted by みぞ at 2008年06月22日 22:58
>  ごっつあん 様

祈ってくださりありがとうございます。
いつかもう一度会おうと言ってくださりありがとうございます。
名も無く人知れず死んでいく子が多い中、まりりんは沢山の人の心に残りました。
それだけでも彼女は救われたのかな?
Posted by みぞ at 2008年06月22日 23:01
> たこりん 様

とても高貴な眠りですね。
ほんとにそうだと思います。
最期の時まで生きようと闘った者の眠りですね。
マリリンが土に還る頃、丁度空が晴れました。
その中をマリリンは天に召されたのでしょうか?
彼女の死を沢山の人が知り、そのお心を寄せてくれました。
彼女はそれだけで穏やかに眠ることが出来ますね。

Posted by みぞ at 2008年06月22日 23:08
> かりんまま 様

ここは比較的に新しいセンターです。
だから昔からの即処分という古い考えが無いのかもしれませんね。
譲渡担当の方も一生懸命です。
本来はどこのセンターの職員もそうなのかもしれません。
でも昔に決められた古い規則に今もまだ縛られているだけなのかも。
時代は変わります。
その変化に合わない規則なんてとっとと無くなればいいのに。
Posted by みぞ at 2008年06月22日 23:11
> naoco 様

母の愛って強いですね。
センターの人がちゃんと教えてくれました。
それほどに印象的だったのでしょうね。
これからは時々マリリンのお墓に会いに行こうと思います。
実はこの霊園はすいらんへ行く道なりにあるんです。
山あいなので不便ですが静かに眠るにはとてもいいところです。

Posted by みぞ at 2008年06月22日 23:16
> joyjoy 様

来世は必ず幸せになってください。
そう願っています。
これだけ辛い思いをしている子が沢山居るのに、動物だからとその一言で片付けられるこの国の制度ってほんとにおかしいですよね。
Posted by みぞ at 2008年06月22日 23:18
> aru.willまま  様

命の終わる瞬間までがんばったんです。
とても凄いと思います。
気高いです。
その魂はとても美しいと思います。
最期の瞬間だけでしたが、彼女に出会えて良かったです。
マリリンもそう思ってくれるかな?
Posted by みぞ at 2008年06月22日 23:21
>  あきんこ  様

彼女には生きて欲しかったです。
そしてその姿でたくさんの人間に命の重さを教えて欲しかったです。
命とは人間だけが重んじられるものでは無いと思うのですが。。。
彼女はその事を私に教えてくれました。
Posted by みぞ at 2008年06月22日 23:24
>  ももっち  様

お嬢様も見てくださったのですね。
ありがとうございます。
こうやって尊い命が失われていく今の社会を知ってもらいたいです。
お嬢様には辛い内容でしたね。
大丈夫でしたでしょうか?
Posted by みぞ at 2008年06月22日 23:29
> まろん&福ママ 様

マリリンを忘れないと言ってくださりありがとうございます。
こうして心を寄せてくれる沢山の人間に会うことが出来たのは、彼女にとっては初めてでしょうね。
生きてその幸せを味わって欲しかったです。
来世では必ず本当に愛する人と出会って欲しいです。
Posted by みぞ at 2008年06月22日 23:34
> Chiroおかん  様

ご訪問&コメントありがとうございます。

Chiroおかん様、初めまして。
まるぽこの母様のところから来てくださったのですね。
嬉しいです。
マリリンの最期は壮絶でした。
でもたくさんの人の心に残りました。
彼女には沢山の事を教わりました。
とても強くて気高いです。
だからこそ人の心を打つのですね。
こんなにも汚れの無い存在。
今は静かに眠って欲しいです。

Posted by みぞ at 2008年06月22日 23:41