2008年07月09日

誤解

皆さんこんにちはかわいい

ここのところ毎日のお散歩をダックストリオで行くようにしています犬(足)
最初のころは足取りがバラバラでしたが。。。
ちゃんと足並みが揃う様になってきました犬(笑)


20080709-1.jpg


電柱クンクン臭い嗅ぎも皆で一緒にやります顔(イヒヒ)
そしてお散歩後はいい感じになるのか?


20080709-2..jpg


わさびといくらが急接近したり。。。
つくねとも仲良く一緒にお水を飲んだりできるようになってきましたClap
でもいくらはごんたが来ると相変わらず逃げ惑いますが犬(泣)


今日は皆さんにご報告があります。
実は昨日、いくらが最初に保護された警察署と診察して貰った動物病院に行って来ました。
いくらが発作を起こした時の状態を知りたくて。
どんな発作でどのくらい続いたのか?
それがはっきりとわからなかったので。。。
センターでも我が家でも薬を飲ませていません。
それでも発作が起きないので、ここはしっかり発作を起こした時の状態を把握せねば!!
という事でまずは警察署へ。
運良くいくらの世話をしてくださっていた職員と会えてお話を聞きました。
それからいくらがお世話になった病院へ。
(動物病院は警察署の目の前にあるんです)
結果から言うと・・・いくらは・・・


癲癇ではありませんでした!!!


始めに警察職員に話を聞いたのですが、いくらは痙攣を起こした訳では無く、寒さと恐怖で震えが止まらなかったそうです。
いくらが保護されたのは早朝の4時過ぎ。
5月22日早朝に新聞配達員の方が配達中に一人でウロウロしているいくらを発見したそうです。
まだ暗い中で一人で歩いて、周りを見渡しても誰も居ない。
脱走して来たのだと思い、保護してそのまま警察署に預けていったそうです。
朝方の寒さと一人で彷徨っていた恐怖からかなり震えていたので、警察署の一部屋にいくらを保護してくれたのだそうです。
それでもしばらく震えが止まらずにさすがに心配になった職員が、目の前にある動物病院に連れて行ったそうです。
そしてその病院の先生が診察しましたが恐怖や不安によるストレスのために震えが止まらないのだろう。
そこで精神安定のお薬を処方してくださったそうです。
いくらは少し落ち着いたのか?
すぐに眠ったそうです。
警察署では限界があるのでそのまま動物病院で預かったのです。
それから5日間。
病院で様子を見ましたが特別何も起きませんでした。
警察での保護期間は5日間です。
5日後の26日にセンターへ移送されたそうです。
その際に獣医さんが不安でまた震えが出るとかわいそうだから3日分だけ精神安定のお薬を処方しました。
そのお薬を持っていくらはセンターに移送されました。
そして警察からセンター職員に引き継ぎ事項をする際に誤解が生じたようです。
警察職員は
「震えが止まらないといけないので薬をもらってあります」
と言ったつもりだったのですが、
「痙攣が止まらないといけないので薬をもらってあります」
と伝えてしまったようで。。。
センター職員が 「痙攣」 という言葉に反応して
「それは癲癇発作ですか?」
という問いかけに対し、おそらく警察職員は意味がよくわからなかったのでしょうね。。。
「はい」 と返事をしてしまったようです。
そこで 『癲癇』 にすり替わったのです。
センター職員は薬も処方されてるし、警察が 『癲癇』 と言うから間違いなく癲癇なのだと思ってしまった。
という事でした。

きちんと警察署と動物病院とセンター全てに確認を取りましたのでこれが事実なのでしょう。
獣医さんに 
「癲癇?その子が?何で?違うよ」
と、あっさり言われました。
「警察からの保護依頼で5日も病院で預かっているのできちんとカルテを作ってあるから間違いない」
そう言いました。
私もカルテを見せてもらいました。

警察署の前にあるその動物病院はこの地区ではかなり有名です。
『料金は高いけど先生の腕はいい』
と、評判の病院です。
(我が家から車で10分程で、友人のわんちゃんもこちらでお世話になっています。)

そしてその事実を我が家のかかりつけの獣医さんに聞いてみると
「間違いなく癲癇ではない」 と言いました。
「あの先生が最初の状態から5日も診ていたのであればその診断に間違いはないと思うよ」
そのように言っていました。

もっと早くにきちんと確認を取れば良かった。
後悔しました。


20080709-3..jpg

いくら  「あちこち行ったから疲れたよ」


20080709-4..jpg

いくら  「僕すっごく元気だもん」


いくらも一緒に連れて行きました。
本犬を見せないと話がわかりにくいと思ったので。。。
動物病院のスタッフは、いくらを覚えていました。
「オーバー (オーバーショットの事です) の子でしょ?いつも舌が出てて可愛かったから覚えてるわよ」
そう言っていっぱい撫でてくれました。

ちょっとした行き違いによりいくらは 『癲癇』 と誤解されてしまいました。
皆さんにも沢山ご心配頂きましたが、現時点でいくらは癲癇持ちではありません。
( 癲癇は発作の状況や発作時の脳波等を診て診断するそうで、その状況に陥らないと診断が出来ません。 )
元気いっぱいのやんちゃ坊主です。
何はともあれ本当に安心しました。
沢山ご心配を頂きました。
皆さんにアドバイスを頂きました。
本当にありがとうございました。
みぞもいくらも深く感謝しています。


20080709-5..jpg

つくね&わさび  「いくら良かったね。これでいっぱい遊べるね」


みんな大喜びです。
いくらの本当の幸せはこれからですね。
夜中に一人で彷徨うことになった経緯はわかりませんが。
それで捜しもしない飼い主の元にいるよりも、もっともっと幸せにしてくれるご家族に巡り会わせてみせます。
これからも応援してくださいね。


それでは皆さん又明日お会いしましょうHello







ニックネーム みぞ at 12:03| Comment(26) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みぞさん、嬉しい誤報でしたねGood
安堵しながらも「もっと早く確認すれば良かったわ」と言っているみぞさんのお顔が浮かびます顔(ペロッ)
警察の方が動物病院へ預けて下さったのですか?
そして、センターの方の目にとまり・・・
色々なかたのリレーで繋がった命、いくらちゃんは強運の持ち主。
ぶっとい糸見つけてあげて下さいぴかぴか(新しい)
Posted by まるぽこの母 at 2008年07月09日 12:25
いくらちゃん(○_○)癲癇持ちじゃなくて良かったですね(〃^ー^〃)持病が有るとやはり行動や食事等も注意が必要になってくるのですか(゜_。)?!これからは皆と元気良く遊べますね(^_−)−☆
Posted by コンノ家オオママ at 2008年07月09日 12:29
ばんざ〜〜〜い!!
なんでもなくて良かったですね!
震え=痙攣 
こんな誤解もあるんですね。
だりも何かあったときにきちんと
伝えるようにします。
これで安心して新しい家族も探せますね!
わさびくんと仲良く寝られるようにもなったんですね♪

Posted by だりりん at 2008年07月09日 13:35
震えからくる痙攣。。。
でも何ともなくてよかったClap
いくら君は
『ボクは健康だよ犬(怒)
 勝手に痙攣にしないで』
って思ってたでしょうね顔(イヒヒ)
でも、よかったわーい(嬉しい顔)

下の記事。
私もあずき姐さんだと思いました顔(イヒヒ)
だって〜。
あずきちゃんなんだもの顔(イヒヒ)
(ごめんなさいたらーっ(汗)
でも、ごんた君だったとはがく〜(落胆した顔)
以外。。。
早くつくね君やわさび君の様に仲良しさんになればいいですね顔(笑)
Posted by いちごミルク at 2008年07月09日 15:51
彷徨っていて震えていたなんて、かわいそうでしたね。どうして、そのようなことになったのでしょうか?本当にかわいそうでしたね。センターに行ってしまい、ますます怖かったでしょうね。みぞ様に救われて本当に良かったです。その上、癲癇も間違いだったとの事、本当に良かったですね。
 みぞ様が一生懸命に、調べて下さったお陰ですね。お疲れ様でした。素敵な赤い糸がつながると良いですね。
Posted by joyjoy at 2008年07月09日 20:29
誤解で本当てよかったですぴかぴか(新しい)
癲癇の子と暮らした事は無い…って言っていたので、
友達に情報を収集をしていたところでした顔(ペロッ)

足並みが揃ってきたなら…
ダックストリオのダンス、見られるかなぁ…楽しみでするんるん

いくらくんがごんちゃん苦手とは驚きです。
Posted by naoco at 2008年07月09日 20:31
まずは良かったですね(^_-)-☆

みぞさんも 誤報と解って安心したのでは?

恐怖で震えが止まらなかったなんて・・・(T_T) 切ないですが・・・

いくら君♪ みぞ家に来たらもう 大丈夫だよ(^_-)-☆
そのうち ごんちゃんにも 慣れると良いね♪
Posted by まろん&福ママ at 2008年07月09日 20:39
いくらちゃん・・・どんなに心細かったことでしょう・・・。震えが止まらないほどの不安・・・想像しただけで涙です・・・。
でも病気でなく本当によかった、これで又一歩幸せワンコに向けて進んでいかれますね。
良かった良かった・・・3ワンダックストリオ可愛いです。
Posted by aba-aimechien at 2008年07月09日 21:08
良かったです。安心しました。
やはり癲癇は見ていて辛いですから・・・
それに、毎月の薬代とかかかるので、本当に大切にしてくれる方でないと心配です。
きっと、素敵な家族が見つかりますよ。
嬉しいお知らせありがとうございました。
Posted by チョビアッシュまま at 2008年07月09日 22:33
誤報で一安心ですね。
真っ暗な中、よく車にはねられることもなく
保護されたなぁ。。。っとホッとしています。
強運の持ち主ですね!いくら君は!

きっと持ち前の明るさと愛嬌で周囲を幸せに
してくれると思いますよ!


Posted by 花・風の母 at 2008年07月10日 00:09
誤解と判ってよかったですね
辿ることができて 本当によかったGood

「寒さと恐怖で震えが止まらなかった」経験では、
ビビリな性格もその影響もあるかもですね
気のいい、素直な子なんでしょうね
神経質な感じでないようですし、若者ですから
みんなと暮らすうちにビビリ虫もいなくなるかも?
Posted by aru.willまま at 2008年07月10日 02:02
いくら君、良かったですね〜Clapでも、警察でもきちんと病院に連れて行ってくれるんですね、少し誤解していました。それにしても、どうして夜中に一人で・・・バッド(下向き矢印)
 みぞ隊長、ちょっと一安心ですね。ちょっと図々しいかもしれないんですけどご相談があるんです。近々ご連絡できたらと思います。
Posted by たこりん at 2008年07月10日 08:13
> まるぽこの母 様

警察の方がちゃんと病院に連れて行ってくれたんです。
今までそんな事をしてくれるなんて思ってもみなかったので、その対応に感謝しました。
いくらは強い運を持ってますね。
最高の幸せへ導きます。
Posted by みぞ at 2008年07月10日 11:17
> コンノ家オオママ  様

癲癇だと天候や気圧によってかなり体調が左右されるようです。
ちょっとのストレスで発作が起きたり。。。
お薬を飲んでても発作が起きるとかなり大変なようですね。
Posted by みぞ at 2008年07月10日 11:21
>  だりりん  様

震えと痙攣。
確かに間違えて言ってしまう事もあるかと思います。
犬の病気に詳しくなければその違いとか癲癇なんてわかりませんよね。
きちんと正確に伝える事って大切なんだと思いました。
とにかくいくらが元気で安心しました。
Posted by みぞ at 2008年07月10日 11:24
> いちごミルク 様

いくらはビビリなので、相当怖かったのだと思います。
最初に保護されてから先生に診て貰うまでに3時間はありましたから、その感ずっと震えていたそうです。
よっぽど心細かったのでしょうね。
Posted by みぞ at 2008年07月10日 11:31
> joyjoy 様

もっと早くに聞きに行けばよかったです。
警察署に行く前に一応センターの了承を得てからじゃないといけないので。。。
そうしたら1週間もたってしまいました。
でも本当に安心しました。
そんな早朝に何故歩いていたんでしょうね?
おそらくは夜中に捨てられて彷徨っていたのだと思います。
とても怖かったでしょうね。
Posted by みぞ at 2008年07月10日 11:34
> naoco 様

お友達に聞いてくださったんですね。
ありがとうございます。
いくらは癲癇持ちではありませんでした。
安心しました。
いっぱい元気な子で、とても愛嬌のある可愛い子です。
きっと素敵な出会いがありますよね。
Posted by みぞ at 2008年07月10日 11:37
> まろん&福ママ 様

とにかく安心しました。
ほんとに良かったです。
やはり自分でしっかり確認する事って大切ですね。
そうじゃなければずっと癲癇だと思ってましたから。
後は素敵な里親さんに出会うのみ。
ってそれが一番難しいんだけどね。 (^^;
Posted by みぞ at 2008年07月10日 11:40
> aba-aimechien  様

いくらはビビリなので、震えが止まらなかったと言われて納得してしまいました。
大きな音がするととても驚きます。
そんなに?と思うほどです。
この子は1頭飼いが望ましい子ですね。
早く素敵な方とめぐり合わせたいです。
Posted by みぞ at 2008年07月10日 11:44
> チョビアッシュまま  様

そうですよね。
発作の時に苦しそうなのに何も出来ない自分。。。
辛いですよね。
おかげさまでいくらは癲癇ではありませんでした。
すっごく安心しました。
やはりいくらは放棄されたんでしょうか?
なんでこんな子を夜中に捨てなければいけなかったのか?
どれだけ考えてもわかりません。
Posted by みぞ at 2008年07月10日 11:47
>  花・風の母 様

車に撥ねられなくてほんとに良かったです。
いくらが居たのは住宅街の中で早朝だったために車も走ってなかったんでしょうね。
でもすぐそばに大きな道路があって、夜中でもわりと車が通るので。。。
そちらの方へ歩いていたらと思うと奇跡としかいいようがないです。
最初に保護してくれた方に感謝ですね。
Posted by みぞ at 2008年07月10日 11:50
> aru.willまま 様

センターに行って警察署にその時の状況を聞きたいから担当者を教えて欲しいと頼みました。
でも担当というのは特に居なかったみたいでよくわからずじまい。。。
こうなったら直接いくらを連れて行ってみよう!!
という事で鼻息荒く突撃してきました。
すぐに最初にいくらを見ててくれた方とお話が出来たのでスムーズに事が進みました。
やはり行動あるのみですね。
Posted by みぞ at 2008年07月10日 11:55
>  たこりん  様

安心しました。
本当に良かったです。
私も警察が保護している子を病院に連れて行くのか?
実は半信半疑だったんです。
でも掛かりつけの獣医さんに聞いたらその先生もちょくちょく頼まれるそうです。
しかも管轄違いの警察署から。
警察が保護する子って交通事故とかで怪我した子が大半なんですって。
だから早急な手当てが必要だから病院に連れて行く事はあるそうです。
それを受け入れる獣医さんが少ないようです。
ほとんどが無料の診療ですから。
後日に飼い主さんが見つかったらそちらへ請求するそうで、そうじゃない場合はほとんどが無料奉仕みたいですよ。
でも警察にもよるでしょうね。
この辺りの警察署はわりとちゃんと対応してくれるみたいです。

みぞで何かお役に立つのであればいつでもどうぞ!!
左上に出てるURLからみぞHPの 『里親募集』 のページへ行ってください。
そちらにメール送信がありますから何かの時にはご連絡くださいね。

  
Posted by みぞ at 2008年07月10日 12:08
いくらくん、よかったですねClapClap
寒さや恐怖で震えていたんだと思うと
とても胸が痛くなります。
でも、今はみぞママがいるから大丈夫exclamation×2
幸せになる日が来ることを心から願っていますかわいいかわいい
Posted by 小雪 at 2008年07月10日 17:08
> 小雪 様

いくらの癲癇は間違いでした。
ほんとに安心しました。
良かったですよぉ〜。
これで安心して幸せにまっしぐら出来ます。
Posted by みぞ at 2008年07月11日 12:28